魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
 病院でメモった綴りがあります。

 天井に浮いていた訳ではないけど、今地面に足を着けている僕には恥ずか
しい内容です。

 老人の独り言だと思っていただければ幸いです。


CA391859_convert_20150826230710.jpg


















 


 麻酔をかけられ、身体を固定され、自発呼吸を止められ、チューブを差し込まれ、食事をとめられ・・・

 命を制限されることで、命をより強く感じている。

 僕は受身でいることが多い。

 その僕がこのまま受け止めていると、この世を去ることになる現実に、生きる
という選択をした。

 行者の行き倒れというのがあるが、この仕事について20年近くになる。

 命のことは命に任せるのがいいのは分かっているけれど、

 つい自分で治そう、治してあげたいと思う。

 その分、受けてしまう。

 昔だったら、数年後に行き倒れていたに違いない。

 生きることを選んだら、自分は何がしたいのかを知ることが大切になる。

 ただ何となく生きることも出来るけど、もったいないと思う。

 病院の体験を通して、自分のしたいことをより積極的に行動するようになった
と思う。

 自分で出来ないときは、人にやってもらってでも・・・

 入院前は、自分のことで人に頼むのはとっても苦手でした。

 なんで変わったのかは言葉に出来ない。(よく分からない。笑)

 ただ命がず~っと一緒にいてくれるのを感じていた。

 愛がわたしを通して働いているのを、積極的に感じていた。

 集中治療室で、痛い!痛い!と泣き叫んでいる女性。

 でもそれも、命が歌っていると思えるときがある。

 誰でも、ある限界を持つ、身体と、心、を持って生まれてくる。

 この制限性があって初めて、自由も、選択肢も、意味を持つことになる。

 病院の体験は、この制限性の中で自分は何を選ぶのか? を突きつけられることになった。

 嫌なこと、痛いこと、から出来るだけ逃げていた僕に変化が起きた。

 嫌なことは嫌だけど、嫌なことから逃げないという体験を短期間ですることになった。

 そしてそれは、一緒にいる命によって導かれていったと思います。

 命との一体感の中にあるときは、どこにでも、自分の見るもの、触れるもの、
耳にする音、コミックの言葉の中にさえ等しく命があり、

 それを見出すたびに、嬉しくて、涙があふれてきます。

 で、今、その状態になれるか?と言うと全く出来ません。

 でも体験というのは、忘れていても、消えることはないと思っています。







CA391841_convert_20150826230012.jpg















 入院中に誕生日を迎えました。

 手紙と手作りのフォトスタンドを貰いました。

 由羽と、心、の絵とお手紙もね!

 ありがと~ね♪


 

 
 
 いやぁ~な人いますよね・・・

 あの人のここが嫌い、あそこが間違っている、絶対に許せない!

 と、いやな相手に意識が向かってしまいがちですが、、

 本当は “ 自分が何にこだわっているかを教えてくれている人たち ” なのだと
思います。

 いやな人に出会って感じた “ 怒り ” はしっかり感じてくださいね!

 その人に返す必要はありません。

 “ 怒り ” を感じないふりなどしてると、身体の中でその 怒りエネルギーが悪さをしますよ。






 所要があって、また久里浜へ行っていたのですが、郵便局でいやな人に出
会いました。

 ゆうパックの荷物を窓口に置くと素早く離れ、順番の紙を引いて、空いていた
窓口に直行し振込み用紙を提示。

 4つしかない窓口の、半分を自分のものにしました。

 急いでいたので、窓口のカウンターの上にあった小さな看板を倒します。

 「あぁ、ごめんなさい!」 (可愛いげに)

 「¥710- になります。」 とゆうパックの担当者。

 僕のほうが離れていたので、聞こえていたはず・・・

 それを無視して、振込みのお金を支払っています。

 ゆうパックの窓口では、次の方が荷物を持って待っていました。

 払い終わると、ゆうパックの窓口に戻り 「御いくらですか?」

 再び 「¥710- になります。」 とゆうパックの担当者。

 結局、倒した看板 「あぁ、ごめんなさい!」 って言ってたのに倒したままでした。





 スイマセン!ここまで読んでくださった方・・・ このときの僕の気分の悪さが
乗り移りませんでしたか?(波動は時空を超えて伝わりますから・・・)



CA391279_convert_20150613220931.jpg














この日、またしても・・・



 
 帰り道、入間近くのスーパーで、夕ご飯の材料を買ってレジへ・・・

 レジに見慣れないカードが下がっています。

 食べ物のカードと、、植林のカードのようです。

 レジの方に聞いて、そのカードを使って寄付ができることが分かりました。

 「いくらになさいますか?」

 「じゃあ、植林に¥100- 円」

 とってもハッピーな気持ちになりました!

 世界を少し助けた。

 神さまを少しだけ助けた。(神は助ける存在ではないけど、でも助けられる。)

 たった¥100- 円で神さまを助けた救世主ですよ!笑





 世界のどこに意識を合わせるか?

 意識は色々なものに合わせられます。そのどれを選択するかが重要です。

 これで毎瞬、自分の住む世界が創造されています。

 いやな事(人)を何とかしたくて介入すればするほど、いやな気分は大きくなるのだと思います。

 いやな人なんて(そうそう)変わらないですよ。

 指摘されたことは、自分が一番分かっているのですよ。

 波動の低さに引きずり込まれますからね。

 それよりも間違いなく素晴らしい存在である自分を認める。(これが治療の
極意だと思います。)

 間違いなく素晴らしい存在である自分を見い出す選択をする。

 そして、その状態で世界の色々なものに触れていく・・・

 勿論、出来ることをです。

 僕は自分の手の長さの分だけと決めています。

 幸せな気持ちになれることに意識を合わせることです。

 小さいことでも、みんなが気持ちよく暮らせることはいくらでもあります。

 人ではなく、自分自身が喜びを感じる。

 そして自身の喜びは人々と共にあります。

 矛盾しているように見えますが、究極の真理は矛盾の中にしかありません。

 一人ひとりの波動が上がって、その合計で世界の波動は上がります。

 わたしが喜ぶと、神さまも喜ぶのだと思います。

 神の宿っていないものは無いからです。



CA391280_convert_20150613220952.jpg















・・・リンガーハットでした。^ ^;





  
 
PCが危篤状態です。

治療に入院します。

復旧まで、しばらくお待ちください。  G


CA390975_convert_20150515065638.jpg















鉢植えにしたレタス・・・




 
 世界の出発点はいつだって “わたし” の中にある。

 宇宙も “わたし” の中心から生まれた。

 “わたし” がした天地創造。

 今、このときも、それは為されている。

 最近少しそう思う人が増えてきて嬉しいけど、誰もがこの世界のオーナー。

 で、誰も、その責任から逃れることは出来ない。

 そして何時だって “わたし” は “あなた” と共にあります。

 “わたし” と “あなた” は別のものではありません。

 “あなた” は “神” というと、自分の外側にある “何か” と考えているかも
知れないけど、それは違う。

  “神” が認めにくいのなら “光” でも “愛” でも “宇宙” でも “存在” でも
構わないけど・・・

 同じ意味で “悪魔” もイコールだ。

 “あなた” のもっとも近いところにいる・・・

 “わたし” は “あなた” のもっとも深い(近い)ところで “ わ た し ” と
絶えず囁いているではないか。 

 もっと “わたし” を好きになってはどうだろうか・・・




CA399415_convert_20140725085124_20150407120428062.jpg




















 

 
 
CA390975_convert_20150330233255.jpg















 ジョセフ 「マリア殿どうかお一人でお帰りください。」

 マリア 「えっ?」

 ジョセフ 「わたしにはマリア殿のお側にいる権利がありません。」

 マリア 「はあぁ!何言ってんの。」

 ジョセフ 「いぇ・ その・・・わたしは戦いを否定するあなたの考えに共感しながら、一時の激情にかられる自分を止められなかった。」

 マリア 「さっきのこと?」

 ジョセフ 「 はい、わたしはいつでも謙虚に誠実によき人間であり続けられると
信じていました。なのにあのように醜い心が・・・」

 マリア 「でも、わたしを守るためだったのでしょう?」

 ジョセフ 「だからこそです・・・ 律することが必要だったのに・・・」

 マリア 「わたしは嬉しかったよ!」

 ジョセフ 「いえ、わたしはルネ伯様の命に従うだけの人間です。自らの夢も
目的もない愚か者・・・」

 使い魔アルテミス 「ジョセフってあんな面倒くさい性格だった?」

 使い魔プリアポス 「無理してたのかも、色々と・・・」

 マリア 「まず帰ってさ、それからゆっくり、」

 ジョセフ 「帰るってどこにですか!わたしは最大の危機(火あぶり)にあなたを
救えなかったと言うのに・・・ マリア殿どうかこの場でわたしをお見捨てください!それがわたしの切なる望みで、」

 叫び声とともにマリアのビンタが・・・

 ジョセフ、床に倒れる。

 アルテミス 「あっ 切れた。」

 マリア 「なんなのよ、あんたは! う じ う じ う じ う じ う じ う じ う じ とー! 
ヤッター! 勝ったー! 助かったー! これでいいんじゃないのぉ!なんで
そんなに無駄に悩む必要があるのよ!」

 ジョセフ 「そ、それは・・・」

 マリア 「それは何?なんなのよ?」

 ジョセフ 「それは・・・」

 マリア 「ふん!大体なんでこんな所にいる訳?わたしを放っぽって戦なんて
どんな積もり、、」

 ジョセフ 「わたしはルネ伯様にお使えする身です、命令とあらば戦場に・・・ ん!そう言えばマリア殿はどうして家ではなくここに?」

 マリア 「っだああー!!あんたを助けにきたのに決まってるじゃないのーっ!」

 ジョセフ 「わたしを・・・? どうして・・・??」

 マリア 「あんた本当に馬っ鹿じゃないのー!大体いつもわたしよりもルネ伯の
おっさんを優先するってどういう事よ!自分のやりたいことをするのが大事じゃないの!」

 ジョセフ 「それは! ・・・ それは、マリア殿なら可能でしょう。でもわたしは
あなたほど強い力や意志を持っている訳ではないのです。」

CA390976_convert_20150330233321.jpg















 マリア 「はあ?魔法ならまだしも、意志なら持てるでしょう!持ってよ!」

 ジョセフ 「だから言ったではないですか、わたしだって出来るならあなたの側にいたかった、あなたの役に立ちたかったのです。」

 マリア 「立ってよ!立ちなさいよ!」

 ジョセフ 「ですからそれが出来ないと!」

 マリア 「出来るって!」

 ジョセフ 「どうすれば!」

 マリア 「側にいてよ!」

 ジョセフ 「あぁ・・・  」

 沈黙・・・・・・

 マリア 「側にいて、わたしのこと支えてよ!それだけでいいのよ!」

 アルテミス と プリアポス 「ワ~~~n」

 マリア 「わたしだって悩むんだから、本当に良かったのかな?って、間違って
いなかったのかな?って、自分で自分が分からなくなって、わたしって何だろう?
って、そんな時あんたみたいな人がいないとキツイのよ!だから側にいてよ!
わたしだけの側にいてよぉ!」

 プリアポス 「あの~マリア。」

 マリア 「何!」

 プリアポス 「今マリアが言っていることって・・・」

 アルテミス 「まさか!プロポーズ?」

 マリア 「ぇっ!   ぁ ぁ ぁ ぁ あ あ~っ!!!」

 このあとジョセフは、自らを愛するように自分のもっとも近い隣人を愛することをマリアに伝えます。

CA390979_convert_20150330235837.jpg















 絵と台詞をお借りしました。『純潔のマリア』 原作・石川雅之 どうぞコミック
読んでください!



 ジョセフは変わりましたね。

 人が変われる時は多くありません。

 自分の大きな間違いに気づいた時・・・

 もう一つは恋をした時です。

 どうですか? 恋など!

 ハルノセイダヨって今なら言えますが・・・笑




 
 それはアニメの話。

CA390973_convert_20150330004332.jpg
















 短かったなあ~ 今日が最終回だった! 『純潔のマリア』





 あれはまだ、イングランドとの戦が終わってなかったころの事。

 わたし達の村の近くに、戦が大っ嫌いな魔女が住んでいました。

 その魔女は人を呪ったり、悪事を働いたりはせず、争いごとを無理やり
止めさせていたのです。

 彼女の名はマリア。

 聖母さまと同じ名を持ち、、

 聖母さまと同じく処女。

 その日、彼女は魔法を失ったにもかかわらず・・・


CA390972_convert_20150330004313.jpg


















 「何かと問われましても、それは教会のお決めになることです。」 (村人A)

 「わたしは、良く分かりません。」 (村人B)

 「魔女たちよ、古きものよ、ともに宇宙(よ)の理(ことわり)を乱そうとするか。」
(大天使ミカエル)

 「るっさいっ!!理、ことわりって、しつこいのよ!大体あなたはこの世の中をどう思ってんの!天からの言葉を伝えるだけなら、道具と同じよ!」 (マリアの
友イングランドの魔女ビブ)

 「ジルベール、わたし達の役目はただ天の主のお考えを伝えることなのでしょ
うか。いえ、それでは道具と同じです。わたし達が人として創られていることには
意味があるはずです。自ら考え、より良い統べを考えるという意味が。」 (悪だと
信じてきた魔女マリアによって目覚めた司祭ベルナール)






 人の歴史において、神は自らの意思を地上に伝えるものであったし、神は
支配し、従うことを求め、時には生け贄を求めた(国の支配者にも好んで用い
られた)。

 神の法に従う者は守られ、従わない者は罰せられ、異端は火あぶりにされ、
疑うことは人に許されていなかった。

 法は天より地上へ常に一方通行でした。

 釈迦の誕生により、この流れに初めて変化が起きます。

 それは “わたし” という最大の謎を見つめることで、自らの力で地上から天を目指す。

 天の決めたことを人が行う、今までと間逆の流れ・・・

 その後も、天と人の間には、教会に代表される宗教団体が介在し、自ら決め
られない人々にとっては大切な働きをしていました。オーム事件などもいい例
ですね・・・(悪人は自分のしていることが悪いのを知っているので、自ずと限界
がありますが、聖職者は良いことをしてると信じているので際限がありません。)

 今は天と地上の間の扉は開かれましたので、 “望む者” は誰でも仲介者なしに神さま( “わたし” )の声を聞くことができます。





 
 きのう福生の帰り道、久しぶりに “きまぐれや” さんに寄ってみました。

 お店がオープンしていることもあり、ランチにあり付けたりするからです。

CA390680_convert_20141031230016.jpg















 あれ・・・!

 何かへん・・・?



CA390681_convert_20141031225959.jpg















 荒れてる・・・

 草ぼうぼうだし、フェンスの材木とかそこいらに転がっているし、

 お店つぶれた? 吉田さん病気?



CA390682_convert_20141031225939.jpg















 表の伝言板の字、もう薄くなってるし・・・

 ここのところお客さんが来てないのは明白。

 心配になって親交のある近くのお店 “BOOT” さんに行ってみました。

 ご主人の話では大丈夫だって。

 出張が忙しすぎて、お店開けないようです。

 良かったぁ~ ^ ^;

 久しぶりにシェフのお料理食べたくなりました。





 
 見れなくなっていた好きなブログがまた見れたこと・・・









k76.jpg



10/1 電気の月(3月)/12 KIN76 黄色いスペクトルの戦士

銀河の音 ◇ スペクトルの 〓 解放 ・ 溶かす ・ 解き放つ

太陽の紋章 ◇ 黄色い戦士 〓 知性 ・ 問う ・ 大胆さ





 
exi.jpg













EXILE ATSUSHI / 道しるべ -short version-






 きのう誕生日のプレゼントに、友人のKさんからいただいた歌です。

 とってもステキな歌だねっ! ありがとう!!

 で、Upしてしまいました。 笑

 この歌が室内に流れると・・・

 ありゃ! 不思議? ふしぎ?

 これから久里浜に届けるコウロギさん達が、鳴き始めましたよ!^ ^

 ATSUSHI の弾くグランドピアノの周りの風景は、BALIや大岡の棚田を思い
浮かべます。

 どんな 「道しるべ」 が待っているのかな?

 「道しるべ」 を探していこうね!

 そしていつか 「道しるべ」 になろうね!

 小さな 「道しるべ」 でいいからね。

 ありがとね!Kさんの両手いっぱいの愛、受け取ったよ~

 Kさん大~い好き!! またお話しようね。

 この歌凄いね! 何度再生しても、コウロギさんたちが歌い出すんだよ!






 

 
 
CA390409_convert_20140730212608.jpg

















 手帳が今日届きました。

 表紙を開くと最初の文字が・・・





銀河の七方向への祈り  がありました。



 東にある光の家から

 内なる知恵の夜明けがわき起こり

 われらはすべてをはっきりと見る


 北にある夜の家から

 内なる知恵が熟し

 われらは内からすべてを知る


 西にある変容の家から

 知恵は正義の行為となって

 われらは為すべきことをする


 南にある永遠の太陽の家から

 正義の行為が実を結び

 われらは地球存在としての果実を楽しむ


 上方にある天国の家から

 集まった星の人々や先祖たちが

 われらを祝福してくれる


 下方にある地球の家から

 水晶の核の鼓動が

 すべての戦争を終わらせる調和を奏でる


 中心にある銀河のみなもとは

 どこにでも同時に存在し

 すべては互いの愛の光であることを知らせる


 多分マヤの祈りと思われる言葉! (3回)





 七方向は、二つのピラミッドを逆に重ねあわせた正八面体の、中心と頂点です。

 そして7とは、全ての世界の秘密を表す13という数の中心数です。

 手帳をパラパラとめくってみると・・・

 何か難しそう!

 でも太陽と、月と、大地と、、

 銀河の配列の中で生きる私たち、、

 宇宙の刻むリズムを体内に感じて生活しましょうよ!という事みたい。

 楽しみです。

 ボチボチいきます。笑




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。