魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
enosima-24.jpg















 江ノ島は、猫の島。いたる所にいます。可愛がられているんでしょうね♪脅かしたりしなければ逃げません。

 この子も、触られまくっていました♪




enosima-15_20120426203610.jpg















 生しらす丼でお腹が一杯になって、眼下の太平洋を一望しながら一服して、
初夏の太陽にジリジリと焼かれて、テラス席に居るのには限界が訪れます。

 往路で見つけた 島カフェ で休むことに。

 「魚見亭」 出たところにも居ました。^ ^

 じっとして・・・逃げニャイ! 顔はあっち向いてるけど、心はこっち向いてる。
だって!耳が後ろの様子うかがってるもん。




enosima-20.jpg















 屋根まで吹き抜けに改造した、シットリと落ち着いた参道っぱたにあるお店。
オーナーさんはそこで暮らす島のご夫婦でした。

 さんにはまった全面ガラスの引き戸が何枚も入っていて、道行く人を良く観察できます♪外国の人にも江ノ島は人気スポットのよう。よく通ります。

 僕は迷わず、グアバジュース!

 パーキングから半そでで歩いています。今年初半そで!道路脇の石塀に肌を押し付けるとヒンヤリして気持ちがいい♪

 そんな暑い日。ちょっと暗めの店内、濃いグアバジュースが美味しい♪




enosima-19_20120426211616.jpg















 店内には仕切られた小部屋、小さなギャラリーにあった絵。
 Hilo・Kume さんの作品を中心に展示・販売されていました。

 吹き上がる溶岩と炎!足元へ流れる溶岩。火山と交信するハワイのカフナ (神官・シャーマン) でしょうか?

 やはり江ノ島は、南の島へ繋がるイメージがあります。




enosima-25_20120426214608.jpg















 灯台のあるサムエル・コッキング苑の前には、新しいお店が出来ていました。お店の向こう側は断崖で、やはり太平洋が一望できます。

 江ノ島、若い人たちも多いです。若い人の好きそうなお店が増えつつあるのも、その理由でしょうね。

 もうお腹が一杯なので、お店の屋上の展望台へ・・・!




enosima-18_20120426215748.jpg















 PM 4:07 太陽が西に傾き、島陰の海が輝いていました!!

 お店の前の広場には、パラソルのついたテーブルが並び、ソフト・クリームを食べている人が大勢・・・

 もうお腹が一杯なのに、釣られました!笑

 一人一つは無理ということで、二人で一つ。でも他の人のと見比べても、明らかに大盛り!

 生しらす丼といい、ソフトといい、気持ちも、お腹も嬉しい悲鳴!♪!♪

 江ノ島が Wel・come してくれてる!♪!♪




コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::