魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 この前の同窓会で、牟田口君から名刺をいただきました。

 カタリスト

 職業にカタリスト・・・ とありました。

 債務に追われている人が、サイマー。
 それを取り立てる人が、トリマー?
 ってどこかのブログで見ましたが・・・

 カタリストは・・・ カタル人?

 やはり違った!^ ^;
 触媒って意味があるんですね!
 お見合いでいえば仲人さんですね。

 小さく言えば、仕事を探してる人と、労働者を捜してる会社を、うまく繋ぐような仲人(触媒)さん。
 それを国内、国外の地域も巻き込んでコーディネイトしている。

 日本にきて起業したいアジアの人。
 アジアで起業したい日本人。(和僑って言うんですね)

 アジアを舞台にした、起業家さんのカタリストを仕事にしてる牟田口君。
 今までの企業、産業の流れが殆んどですが、新しい流れも始まると思います。

 アジア起業家村という名称で、双方の便宜を図っている。






 聞いてみました。

 「日本の介護施設で働くために、フィリピンやインドネシアの人たちが来日しているけど、日本の閉鎖性に困惑している。逆にアジアに日本の老人を送り出して、アジアの現地で介護してもらうのはどう?アジアなら年金でなんとかならない?」


 そしたら!

 「タイでそういうの準備してる」
 「1ヶ月、10万で暮らせると思う」

 って言うんですね!

 「うまく行ったら、是非バリ島(ねらいはウブド近辺♪)でもお願いしたいなあ」

 面白そうなので♪こんど牟田口君のとこへ遊びに行ってみようと思っています。






 ウブドでの介護って老人も癒されると思うんですよ!

 暖かいし、光、植物、ライス・テラス、朝の鳥達の歌声、ニワトリの鳴き声、命あふれる自然・・・
 お風呂はフラワー・バス、スタッフはオープン・ハート!

 まあ、あまり細かいことは難しいけど、そこがバリのいい所♪
 神経質でない老人限定かな?

 ストレスを抑圧し、無邪気な笑顔に中々なれない日本社会で枯渇した命。その命の輝きが、老人の心に再び溢れるといいなあ!

 僕は老健で仕事してますし、んんー!やりますよ!!
 あ! もう働く気?

 出来たころには、介護されるほうだったりしてね!
 まあ、それもいいっか~ 笑



bali 377b















 オープン・ハート! ラカ・ラケの陽気なスタッフ。
 人の話を楽しんで聞いてくれて、ちょっとした冗談でも本当に喜んで笑ってくれます。
 バリの人たち、大好きです!!!

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
こんばんは、そして初めまして。

以前からちょくちょくブログを見させて頂き、今回初めてコメントさせて頂きます。

私もバリの人はお年寄りと子供にとても親切で、老後を過ごすにはとても良い条件が揃っていると思います。

日本の介護技術を持って行けば、日本より快適な老後生活を遅れますよね!
それにはもう少し医療面のサポートを充実させないといけないので、もう少し時間が掛るかも?です。

今は病院で働いていますが、老健での経験もあり、
高齢者は何が起きるか分からない、と言うリスクが常にあり、その怖さを知っています。
バリはのんびりしていて良いのですが、いざとなった時に迅速に対応出来るか?ちょっと心配。

でもお友達さんがタイで成功したら、次はバリでお願いしたいですね。
2012/03/19(月) 22:04:15 | URL | balisuka #-[ 編集]
Balisuka さん コメントありがとうございます。

確かに、医療面の充実の必要はうなずけますねえ。
僕のいる老健も隣が病院で、セットで運営されています。

バリでも病院の近くであるのと、そのサポートが受けられるのは 最低条件ですよね。
おっしゃるとおり、タイが成功して欲しいですし、そのノウハウがバリでも生きるのだと思います!

インドネシア政府も新しい産業として着目して欲しいところです。牟田口くん軍団がその辺どのぐらいの力を持っているのか?も知りたいところです。

日本の医療もアジア進出を模索し始めていますし!
これは何か?ワクワクしてきましたよ♪
2012/03/20(火) 01:10:16 | URL | G #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::