魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
jikka-01.jpg














 中央自動車道、相模湖を過ぎた辺り、7時位?
 朝霧が山並みに掛かって幻想的でした・・・



jikka-02.jpg














 日が昇ってきて、霧が少しづつ晴れていきます。
 長野は曇りの予想。北信は曇りのち雨。
 でも段々晴れていって、八ヶ岳がよく見えました!紅葉にはちょっと早い感じ。でも標高の高いところは色付き始めていました。



jikka-10.jpg














 大岡、ツインが中学の頃まで過ごしていた故郷(ふるさと)。
 雲が晴れていれば、雪の被った北アルプスが望めるそうです。



jikka-04.jpg














 「実家の敷地に清水が湧いている」
 興味を持っていた湧き水です。



jikka-06.jpg














 母屋と蔵の前には、青々と茂った大根。
 駐車場の前には、柿ノ木が・・・
 日本の秋には、柿の実が似合います!



jikka-09.jpg














 お茶呑みというと必ず漬物が出るところは、僕の田舎と同じ。白菜の塩加減、ちょうど良い甘さのお豆、畑の柔らかい大根の入ったおでん。お茶もみんなとても美味しく!そしてホッとする味でした。

 彼女のお母さん、お父さん、とっても興味があったのですが(興味を持たれたのは私の方か!)、フレンドリーなお二人で、僕は最初から普通の自分で居られて、とっても楽でした♪♪♪

 この後、「新蕎麦を食べに行こう」ということになって!(お茶呑みで、既にお腹一杯だった僕!)
 聖山へ向かいます。



jikka-12.jpg














 お邪魔した家の付近では、紅葉が赤くならず茶色だったんですが、登って行くと道の脇には綺麗な赤や黄色が見られるようになりました。



jikka-16_20111026223436.jpg















 携帯の電池が心配になり、ホテルのフロントでチャージをお願いしたので、この写真はお借りしたものです。

 聖山の頂上に着いたころは、北西から雲が押し寄せていました。それでも南東から南の方角は(↑の)写真のように、美ヶ原、蓼科、八ヶ岳方面が見渡せました。

 上空に満ち始めた雲間からはパイプ・オルガンのように光の柱が降り注ぎ、紅葉の始まっている山の斜面を刻一刻と動いていきます。空と山の固まりと、その間の空間と、光線とざわめく雲と風と、全てのエネルギーがダンスをしているように見えました。その雄大なパノラマに心を奪われて、自分のことを忘れて見つめていました。天地のエネルギーと一つになってしまいました・・・

 天と地の間で世界からの祝福を受けているようでした。このビジョンを僕は一生涯忘れることはないでしょう。

 今でも僕の一部は聖山の山頂にいます。このもう一人の自分を中継して山頂のエネルギーを受けとることができます。治療中などはこのエネルギーと繋がるととても楽になります。

 ほんの6~7分の出来事でした。ポツ、ポツ、と雨が落ちてきて車に戻りました。少し下りた所にあるホテルでお蕎麦をご馳走になっているときは本降りになっていました。

 聖山の山頂に連れてきていただいたご両親、聖山の神様からいただいたギフト、精霊たちの導きに感謝いたします。



jikka-13.jpg














 お二人にお礼を言って、分かれ道まで先導してもらい、林道を麻績(←“おみ”って言うんだ!初めて知りました)へ向かいます。



jikka-14.jpg














 下に下りてくるまで、霧がかなり深かったです。



jikka-15.jpg














 お野菜やら、お焼きやら、色々頂いて帰って(4時)きました。お母さんのお料理美味しかった!お父さんの色んな話し楽しかったです♪ありがとう御座いました!ご迷惑でなければ、また伺います。^ ^

 この道祖神、縄文の土偶ですね!って言うか、宇宙服???
 聖山はUFO出現ポイントでもあります。

 お母さんは二度、見ているそうです。
 ツインの妹さんは、会ったことがある! んだそうです。


コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::