魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
free-04.jpg














 始まる前、トータルヘルスデザインの会長・近藤洋一さんと何やら会話中の講師・飯島秀行さん。



 ノートにけっこう書き込んだんですが、読み返してみても、ノートの言葉には「命が宿っていない」・・・ここにUpしてみてもセミナーで聞いたことは殆んど伝わらないでしょう。

 眠たいセミナーも多いんですが、2時間アッという間でした!ボソボソと小声で話すお話は、ちっとも上手ではないんですよ。とぼけた、変な、大変面白い先生でした。天才ですかね?

 セミナーも終盤、何処からか携帯の着信音?が!ピコン・ピコン・ピコン・ピコン(胸のカラー・タイマー音)・・・
 「あっ!ウルトラマン」「僕もー帰っていいですか?」って言ったあと「(空白・・・)何話すのか、忘れちゃった!」会場爆笑!!

 技術とか科学の分野の方なんですが、お話は哲学(あるいは魔術)でした。

 「命に仕える」と決めた結果、このセミナーを聞く体験をしたのでしょうか?

 

free-02_20110924223519.jpg














 セミナーが終わって外へ。行われたTFTビルと国際展示場正門駅。



 9月が新たなスタートになっている人、結構いるようです。

 9月4日の瞑想会で夢の話をしたことで希望と変化のスイッチON。
 11日、Kさんと会って「命に仕えよう」と決意。
 18日、「そう決めたので力を貸してください」と教会の祭壇の前で祈ることになってしまいます。
 23日、フリーエネルギーは「命の原理の中にある」と聞くことになりました。

 だいたい「命に仕えよう」なんて考えた訳ではないし、勝手になんか奥の方からポロッと出てきただけ。
 じゃあ、それに乗ってみるか!って感じ。
 実際、「命に仕える」って、どうすればいいのか、よく分からないのです!(笑



free-07.jpg














 駅の反対側の近くにビッグサイトと、運河があります。



 セミナーでは

◆初期動力だけで後は電力なしで回り続ける(らしい)モーター。
◆ホバリングしたり、鳥のようにフワッと着陸する(滑走路があまりいらない)、航空力学では考えられない(らしい)ラジコン飛行機。
◆上から注ぎ込むとコップの中で氷になってしまう(らしい)水。
◆生ごみが40~50分で土になってしまう(らしい)システム。

 全て映像でしたが拝見しました。一つひとつ別々の対応をしているのではなく、それぞれの原因の中で同じ対応をしているのだそうです。ラジコン飛行機も同じものを作っても、原理を理解しないと飛ばせないというお話でした。(UFOも単なる機械ではなく、意識と連動?していると聞いたことがあります)



free-01_20110924223640.jpg














 学生時代、横浜で暮らしたためか、どんな船着場も好きです。



 アパートに帰ってきて、ノートを読み返してみましたが、会場で聞いたお話しの臨場感が蘇えりません。

 表面意識で考えても無駄だと思いました。ノートを枕の下に入れて。潜在意識と超意識に「寝ている間にノートを読んで、身体で理解できるようにしてくれる」と強くお願いして寝ました。

 夢の中では、セミナーの大切な部分を反芻しているようでした。


 
free-03.jpg














 “ゆりかもめ”の車内から撮りました。“ゆりかもめ”に初めて乗りました!



 翌日は施設での仕事でしたが、仕事の質が少し変化したかな。
 無理に言葉にすると、個々の命(自分もふくめ)を、一つの大きな命の一部として、大切に触れる。その命と命の出会いをただ深く、ふわ~~っと感じるのかな・・・


free-06.jpg














 きれいです・・・ 文明の美しさです。
 この結果として生じた“物”をいくら組み合わせても無駄だそうです。
 物を生み出した原因である“空”の中に、“命”の中にフリーエネルギーは在るんですって。



PS
 フリーエネルギーを開発すると、石油メジャーなどに繋がる裏の闇組織に命を狙われないか心配です。空気で動く自動車も開発されましたね!日本人やりますね!こちらも大丈夫かな・・・ この星では“みんなの幸せ”のためになる計画は潰されてきました。一部の人の利益になることしか日の目を見ませんでした。

 ニュートリノが光速を越える結果が計測されたそうです。日本でも追試が試みられるようです。時代が大きく変わる時、世界観や意識や法則なども拡張します。新しい世界観のレイヤーに対するアンテナを持っている人が、少しづつ現れているように思います。世界が変わるかどうか?もう少し様子を見る必要がありそうです。



コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::