魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 このパートDのポイントは、意識を素早く体内のプラーナ管に移し、それをイメージの中で地球の核にまで伸ばすというものです(図8を参照)。こうするとエネルギーが何か錨のようなものに下に引っ張られている感じがするでしょう。実際それは錨にほかなりません。そしてプラーナが流れるにまかせましょう。

 頭上からハート・チャクラへ、そして地中からハート・チャクラへと、上下からプラーナを自由に流し、それが地球深部に固定されるように意図するだけで、プラーナ管を地球の核にグラウンディングさせることができます。

 これを知ることこそ大切で、それ以外にとりたててすることはありません。
 がんばって何とかしようとするのでなく、ただ起こるにまかせてください。プラーナは即座にあなたの意図にしたがって流れます。ここで重要なのは意図することです。

 プラーナ管を地球の核に固定させ、そこから地のエネルギーが上昇してくると同時に天からもエネルギーがハート・チャクラに流れ込むのを意図することで、感情が安定するようになっていきます。これを一回につき一分か二分くらいかけて練習することを、再度お薦めします。



hatohol-08.jpg













(図8)




 それでは読むのを少し休んでください。必要ならもう一度指示を参照しつつ、このパートDを試してみましょう(間)。

 いかがでしたか。プラーナ管を下ろしてそれを固定するアンカーリング(訳注・・錨を下ろすこと)のプロセスは感じられたでしょうか。意識を思いのままにプラーナ管に移せるようになることを目標に、このエクササイズを定期的に練習するといいでしょう。

 プラーナ管を地球の核にグラウンディングさせることができ、プラーナの二つの流れをハート・チャクラで合流させられるようになれば、みずからの感情を自在に統御できる可能性を手にしたということです。するとどんな呼吸パターンや感情パターンを体験しているさなかでも、プラーナを途切れなくスムーズに流すことで感情の自己制御力を取り戻すことができます。

 日々のさまざまな場面で、思い出したときにこのエクササイズを実践してください。以前のあなたなら失望や怒りを感じたり、または悲しみや恐怖を感じたような場面で使ってみてください。そう、この方法を練習することで、これまで経験したことのない、驚くほどゆるぎない安定した感覚をもてるようになるのです。
 
 あなたはこうしたパワフルな状態にあることで、いかなる状況に対しても、より広範な選択肢からふさわしい反応を選択できるようになるでしょう。それは、もはや以前のような感情的なぐらつきがないからです。

 略・・・

 体を貫いて伸びるこのエネルギーの核の存在を知ることで、あなたは精妙なエネルギー諸体や磁場や電磁場、さらに感情体も安定させる方法を実践できるようになり、困難な状況に陥ってもバランスのとれた状態から反応している自分に気づくでしょう。日々の場面でしばしば感情の混乱や浮き沈みに打ちのめされてしまう人にとって、この変化は驚愕に価するに違いありません。

 しかしながら、感情体の統御は感情の抑圧ではないことをきちんと認識しておいてください。目的は、統合されバランスのとれた状態で感情を深く十二分に感じるということです。感情や感覚の抑圧あるいは否定は、決してあなたの助けにはなりません。

 すでにある程度、感情面の安定を得、ふだんから否定的感情におおむね影響されないようになっている人々にも、このエクササイズを学ぶ価値は充分にあります。なぜなら、いま地球は非常に大きな変動を遂げようとしており、ある地域で起きた出来事が、地球の反対側にまでエネルギー的な影響を及ぼすからです。

 わたしたちの目には、あなたがたの世界はつながりあった意識、一つにつながったグリッドに見えています。したがってエネルギーレベルで見れば、ボスニアで起きることはニューヨークで起きることに影響しますし、ニューヨークで起きることは、メキシコやアフリカなどさまざまな場所で起きることに影響します。また地殻変動や戦争、大量虐殺などで大勢の命が失われるというような大規模なエネルギー現象が起こったときには、例外なくグリッド全域に電磁的な乱れが発生します。

 あなたが自分のプラーナ管とつながり、継続的なプラーナの流れを維持させることによって自分のバランスがとれるようになれば、いわば中心から放り出されるような事態に遭遇しても、みずからの安定を保つことができるでしょう。

 これまでこのエクササイズをとても真剣に扱ってきたので、あなたもその重要性についてはすでに気づかれていると思います。このエクササイズはシンプルですが、それほど価値と効果の大きい手段なのです。

 しかしこのプロセスをマスターするには実践が不可欠です。疑問の余地なく完璧にマスターしたと確信できるまで、このエクササイズは定期的な練習を重ねなければなりません

 先進工業国に暮らす人々のなかには、ヨーガその他の瞑想法などを実践している人もいますが、逆境にあってなお安定した感情エネルギー場を保てると明言できる人の数は比較的少ないようです。わたしたちがこの情報を提供しているのはそのためです。

 これらのエクササイズは人類が日常生活においてより高次の意識に到達するのを助ける、時間のかからない安全な方法であると、わたしたちは確信しています。ですから読者のみなさんにも、自己責任と忍耐強さをもって、これらがエネルギー的現実として有効であることを実感できるまで試してみていただきたいと思います。

 「ハトホルの書」 P167~170





 これでハトホル達による、「自己のエネルギーをマスターするエクササイズ」を一応終わりにいたします。ハトホル達によるエクササイズは他にもありますが、呼吸と意識とエネルギーに関する部分を主に転載させていただきました。愛深きハトホル達、ありがとうございました♪


PS ブログを頭から見ていきますと順番が逆行します。流れにそってエクササイズを順番にまとめてみました。練習してみたい方ご利用ください。

ハトホル達のエクササイズ 1 (パートA)

ハトホル達のエクササイズ 1 (パートB)

ハトホル達のエクササイズ 1 (パートC)

ハトホル達のエクササイズ 3

ハトホル達のエクササイズ 4 (パートA)

ハトホル達のエクササイズ 4 (パートB)

ハトホル達のエクササイズ 4 (パートC)

ハトホル達のエクササイズ 4 (パートD)



 割愛している部分があります。この時期に大切と感じる情報が多くありますので、ご一読をお勧めいたします。 「ハトホルの書」ナチュラルスピリット社
 この本との出合いをT子さんに感謝をこめて♪




コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::