FC2ブログ

魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
hanno-01.jpg














 24日金曜日、関東地方はあちこちで39度を越える気温を観測しました。
その日の夕方の飯能。



hanno-02.jpg














 広小路といえば上野を連想しますが、飯能にもある広小路のマンション5Fからの撮影です。右下の山陰は天覧山。






(ハトホル達)
 「新秩序」 とは、時間と空間の新たな秩序をいいます。これは基本的には、個人が三次元意識から四次元意識あるいはそれ以上の高次の意識に移行する
機会です。これを象徴する出来事は多くのレベルで起きますが、ここではその
主要な特性を二、三ご説明しましょう。

 一つは顕在化が即座に起きるということです。実際に日常でものごとが起きる速度がどんどん増してくることや、あなたが考えたり言ったりしたことが実際に
生じるまでの時間がぐんぐん短くなってくることで、次元の移行が近づいていることがわかります。多くの人がこうした現象をすでに経験されていると思います。

 人々はこれまでにないかたちで地球の真価を知ることになります。地球自身も根底からの変化を体験し、そのプロセスのあいだに地球の意識はさらに覚醒します。地球に存在するものたちのなかに地球規模のつながりが生まれます。それはまるで人類全体が一つの思考あるいは一つの意識を持つにいたったようでもあります (わたしたちはここで 「まるで・・・・・・ようである」 と比喩的に表現していますが、それはまるで豊かな多様性と多面性を有するただ一つの意識が作用しているかのようでしょう。)

 さらに言えば、人々とも地球とも直接つながっているという感覚を持つにいたるでしょう。

V(ヴァージニア・エッセン)
 「新秩序」 にたどり着いたことを認識する主要な二つの方法ということになりますね。しかし即座の顕在化と、一つの意識を持ったありかたというのは、奇跡に近いような気がするのですが。

(ハトホル達)
 ええ。背後にはたらいている原理を解さない人から見れば、それは奇跡に見えるでしょう。しかし、ものごとを結びつける法則を理解し、別次元への移行の際に時間が加速することを知っていれば、それが奇跡などではなく、ものごとのごく自然のありかたとして映るでしょう。

          「ハトホルの書」 ナチュラルスピリット社 P177~178




 より高次の意識場で作られた形が、その下の次元で表出します。地震や津波、
地球規模の気象現象でさえも私たちの意識が根底では作用しています。意識下に荒々しいエネルギーやマイナスの感情エネルギーが流れ込みますと、それが無意識に書き込まれた私たちの望みになります。望みは形となって与えられます。

 次元上昇するということは、三次元だけにフォーカスされていた意識が、その上の次元をも認識する能力を手に入れるということです。今まで両足で三次元に立っていましたが、片足が三次元、もう一方がより高い次元に立つ。そのより高い次元の密度がだんだんと濃くなっていく。両足にきちんと体重をかけて歩くことが大切です。

 この、より高い次元の密度がだんだんと濃くなっていくとは、生きるフィールドがそちらに移動していく・・・

 途中ははしょりますが、望みが実現してしまうんです。あの嫌な人が病になればいいと想うと病気になっちゃう。こんな世界は終わりにしたいと想うと世界は
破壊される。“引き寄せ” として人々に少し知られていますが、この真の意味を人々が知ることは大切です。今までの世界では、相当ひどいことを想っても、そうそうは顕現しませんでした。これからはそんな “お互いを傷つける想いは無邪気に持てなくなる” ことを世界は気づくことになると思いますよ。

 いまアパートの外で、子ども達が “達磨さんが転んだ” で遊んでいる声がしています。
 「だーるーまーさーんーが~ 転んだ!」 ってやっていたんですが、
 さすが! 子ども達は自由です。

 「だーるーまーさーんーが~ お風呂に入った!」
 「だーるーまーさーんーが~ カボチャになった!」 って色々なバージョンが生まれています。僕はパソコンの前で笑わされています♪ この子たちは達磨さんをカボチャに変えるようになります。僕たちも同んなじです。

 “楽しく、みんなが幸せな世界” に変わることを想いましょうね♪

 わたしを通して 愛があふれている (わー凄いねー!)
 わたしを通して 周りのみんなに愛があふれている (何て素晴らしいんだ!)
 わたしを通して 世界中に愛があふれている (ありがたいなあ!)
 わたしを通して 世界は幸せになる (アーメン!) 

 僕はクリスチャンではありませんが 「アーメン」 よく使います。
 自分で “このようにする!” って断定したら、〆には 「アーメン!」
 「アーメン」 は 「かくの如くなります」 「その通りです」 というありがたいマントラです。




コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::