魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今朝のNHKの 「あさイチ」 で “震災で変わったオンナの生き方” をやっていました。

 まだ終わってはいない震災。その発生の前とその後・・・
 番組で紹介されたその後には、こんな意見がありました。




 「家族の絆を大切に考えるようになった」

 「自分は何のために生まれてきたんだろう、と真剣に考えるようになった」

 「明日はどうなるか分からない。一日、一日を大切に生きよう」




 中でも結婚に関しての意識が大きく変化したようです。震災の地から遠く離れた大阪の、心斎橋近くの宝飾店では婚約指輪の売上げが50%以上Upしたそうです。

 「わたしには、かけがえの無い存在と言える人がいるのか?わたしを、かけがえの無い存在だと思ってくれる人がいるのか?そのような人と一緒になりたい」

 「命の大切さを感じるようになり、寄り添える人が欲しいと真剣に思うようになった」




 ある結婚相談所では、相談件数が10倍以上ですって!相談者には “やりたい事はみんなやる” という意識が見られ、その一位が結婚だとおっしゃっていました。

 「震災前は、自分が守られること、結婚する相手の経済力などを問題にしていたのに、震災で相手を守ることを考えている人々の姿を見て感動し、守りあったり、支えあったりする結婚を考えるようになった」

 「キャリアを目指し仕事をして、40代で管理職になったけれど、心が満たされたことは無かった。本当はどうしたいか・・・ どう生きたいか・・・ という事に蓋をしていた。それが外れた」

 「強気だったけど弱くなった。そんな自分を出したとき、男の人から声を掛けてもらった」




 逆に既婚者の中には、

 「地震のとき家に電話もなかった。大丈夫だったかという声もない夫に幻滅した」

 「浮気とお金の使い込みが発覚し、以前ならそれなりに済ませてしまったんだろうけど、すぐに離婚した」

 


 親子の関係でも、

 「いい学校に行かせようと思っていたけど、とにかく友だちと楽しく遊び、健康であって欲しい。人や世の中に役に立つ人になって欲しい」




 地域の付き合いでも、

 「今まで挨拶もしなかったけど、自分から声を掛けるようになった」




 「学生のころから引っ込み思案で卑屈で、自分には何も出来ないと、いつも見ているだけだった、自分から逃げていた」と語る女性。

 《 遺体安置所で眠っている方を家族の方に逢わせてあげたい。でもドライアイスが無くて・・・ ドライアイスを送ってください!》

 という遺体安置所でボランティアをする方のブロブを見て、いつもは読み逃げだったけど、この時は逃げてはいけないと思ったそうです。

 「考えすぎて何も行動出来なかったけど、取りあえず何かしてみようと思うようになった」

 仲間に声を掛けてドライアイスのための募金を募ったら、8万 (???) 集まって40Kのドライアイスを送れたそうです。ドライアイスの会社も利益のことは度外視して送られたようです。受けとったブロガー (平 了さん) からは直筆で 「ありがとう 絶対会いに行く!!」 と感謝のメモが (のように見えましたが?)、悔いなく生きようと思うようになった彼女に送られてきました。 (なんか?この二人、出逢いがきっかけになって結婚するように思えますが・・・)




 有働アナウンサー、「わたしも弱くなった。泣くようになった。(一人暮らしで)誰も見ていないのに泣くなんてもったいないと思っていたのに・・・」

 ゲストの内藤剛志さん、「多くの方が亡くなった。(我々には)生き残った意味があるのでは?」

 名前が分からないんですがゲストの女性、「ピンクを許すようになった」 (男社会で仕事をする自分はピンクを着ないようにしていた)

 柳澤キャスター、「自分は変わったかどうか分からない・・・社会からドアを閉めて自分を守っていたのが、ドアを開けて守ろうとしているのでは・・・」

 誰かが、「変わるチャンスが来て、生き方が変わった。人それぞれに違うけれど、みんなにその時がきて生き方が変わるのだと思う」




 日本の女性が変わることで世界が変わる・・・ 一人一人のアセンションが始まったように思いました。





a-091.jpg










 
グレゴリー・コルベール Ashes and Snow より
左の男性が、グレゴリー・コルベール本人。クリックで拡大。




 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
こんにちは!
いつも素敵な記事をありがとうございます!
変わります!変わりましょう!変わりたい!
おおさわぎしなくても、きっとみんなの心に
すでに芽生えているんですね・・・
そんなことを分からせていただけました。
一人一人の心の進化が、よりアセンションのエネルギーになるのですものね・・・
やっぱりトップではなく、ベースから変わっていくことが必要ですね・・・
2011/06/02(木) 09:29:29 | URL | tatsumy #-[ 編集]
Tatsumyさん いつもありがとうございます♪

そうですね!底辺からというのは本物の力を感じますね!
例えば、神と人の関係ですが、
以前は神と人の間に、教会とか宗教団体とか指導者がいて、そこを通さないと神の声に触れられない。まあそんな感じでした。
それが直で聴くことが出来るようになっている。
それを謙虚に慣れることですよね。(テングになってしまう危険と隣り合わせです・・・)
教会はイエスを「神の子」として特別のレッテルを貼ってしまった。
でもイエスは全ての人が「神の子」であると言いたかった。
イエスは弟子の泥足を洗ってあげられる人だった。
震災で、同じ意味のことのできる人々が産声を上げ始めたのではないかなあ?
2011/06/03(金) 01:13:25 | URL | G #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::