魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
arissam-02.jpg














 スーパーアリッサム



 とにかく、気持ちの良いこと、嬉しいこと、美しいもの、面白いこと、ウキウキすること、幸せになることに意識を合わせていると、人生はそれらのもので溢れて
くるようになります。

 まあ生きていれば嫌な事もあります。怒りや悲しみもきちんと自分の中で再体験すれば(私は怒っているぞーー!!って自分の怒りを認め、表現すると)そのエネルギーは燃焼し無くなります。
 言葉にして出さないとダメな人、誰かに聞いてもらわないと無くならない人は
それも良いでしょう。ただし言葉にして表現して心の中が楽になったら、くり返さない習慣をつけることです。何度も同じ不満などをくり返していると、その気持ちの悪いエネルギーに取り込まれてしまいますから、気をつけてください。

 会うと「調子が悪いのよ・・・身体がだるくって・・・眠くって・・・」って必ず挨拶代わりのお婆さん。
 「みんな寝れなくって困っているんだよ~眠れたほうがうんと楽だよ~」
 「最近血圧が高くって・・・」
 「血圧低いともっとだるくなっちゃうから、ちょっと高めでいいんだよ~」って、
なにしろ安心することを言って欲しいのか?安心すると声の調子がすっかり明るくなっちゃう!
 それが次に会うときは 
 「調子が悪いのよ・・・身体がだるくって・・・眠くって・・・」になってる。自分は調子が悪いと決め付けている。だから調子が悪い。調子が悪いのがお好みなのだと思っています。(調子が悪いと誰かが優しくしてくれると決めるとこうなります。車椅子で来て、僕の高さのあるベッドに介助なしに楽々乗るんですよ!)

 一度も使っていない肌着が無くなったというお婆ちゃん。お風呂でも着ようとしていた服が無くなると言う。僕なんか凄く無防備にいろんな物、置きっぱにして4~5年になりますが、何ひとつ無くなりませんが。
 「食卓に靴下を乗せるので、その人のためを思って注意すると、ひどいことを言い返された」とか
 「あの人は嘘を言う」とか、嘘を言う人がいっぱい居るようです。
 「嘘はいけない!」って、話を聞くと、一つひとつ其れなりの理由があるようですが、彼女は元教師で自分は正しいって思っていて、人の間違い探しをしてしまうようです。自分の気分の悪いのは、みんな人のせいになっています。

 遠くに引っ越して縁が切れた知人がいますが、彼女は、
 「いけません!」
 「〇〇ちゃん、いけません!」
 「××しては、いけません!」
 自分の子どもにも、犬にも、口ぐせのように言っていました。
 車で走っていれば、「あの車は止め方が悪い!」と裁く・・・
 そんなに悪いところばかり捜していたら、残りの人生は悪いとこ探しで終わってしまうと思いました。
 まあ、その人の好きなように人生は生きたらいい。
 でももったいないと思いました。

 (たまたま全員女性になってしまいましたが、三人とも僕に大切なこと 「自分の意識が選択しているものが、自分の世界を創る」 を教えてくれている、光の存在なんですよ!ありがたいです・・・)

 気持ちのいい人生を送りたかったら、気持ちの良くなる出来事、お互いを認め合える人と出会う、と常に意識して選択していることです。それでも嫌なことはありますから、それはきちんと体験して手放す習慣をつけます。くり返しているうちに、あなたの人生に嫌な体験は少しづつ減っていき、嬉しい体験が多くなっていくことに気づくことになります。

 自由に生きている人ほど人には寛大であり、干渉しません。
 本当は捨ててしまいたい色々な掟に縛られている人ほど、人に対する干渉が止められません。
 自分を否定しない。自分を許す。自分は愛で一杯だ!あの人も愛で一杯だ!世界には愛が溢れている!といつも意識するようにします。
 自分を許せないと人を裁きます。人の間違いが許せるとき、同じ間違いをしている自分を許しています。

 最近、ステキな笑顔の女性によく出逢います♪住んでいる世界が心地良いと女性は笑顔です。ずーーーーっと女性は泣いてきました。天の岩戸に閉じこめられていたんですね・・・ 岩戸が開くと世界は光で溢れます!

 私事です・・・ 百歳のお婆ちゃんを施療するんですが、お婆ちゃんの意識は気持ちよくて飛んでしまいます。こちらと向こうの間の世界、ネバーランドの入り口辺りに飛んでる訳です。表情はとても穏やか~になります。先週の土曜日、驚いたことには、瞑っているまぶたが少し笑っていて女の色気があるんです~♪
 何十年か前の彼女のまぶたを見させてもらいました!嬉しかったですね!
 可愛いんですよ~♪



arissam-01.jpg














 可愛いでしょ! いい香りなんです♪ 十字架植物ですから、菜の花にちょっと似た香り・・・ 春らしい香りです♪
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::