魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 上の子が中学校に入った年ですから20年も前でしょうか・・・
 埼玉に住んで初めて、杉の木が茶色になるのを知りました。


kafun-01.jpg














 初めは酸性雨の影響で枯れ始めているのかな?って思いました。



kafun-02.jpg














 でも近づいて見ると・・・それは杉の雌花でした!茶色い雌花が鈴なりになっているんで、杉の木全体が茶色に見えたのです!! 杉の葉が白っぽいのは、花粉が積もっているから。


kafun-03.jpg














 この写真がスギ花粉茶の原料です。木にお願いして分けてもらいます。ハサミを入れると花粉がきな粉のように舞います。取り扱い厳重注意です!僕は大きなレジ袋に入れ、花粉が飛ばないように口を閉じて運びます。スギ花粉茶が必要な人は、花粉症でない人に、原料の確保から製造をお願いする必要があります。 



kafun-04.jpg














 出来るだけ山奥の杉の木が良いです。きれいな水に何度か浸けて浄化、ゴミを取り除いたあと煎じます。

kafun-05.jpg














 出来れば水道水はやめたほうが良いと思います。浄水器か市販の天然水の使用がお勧めです。



kafun-06.jpg














 杉の葉にヒタヒタほどの水で、沸騰してきたら弱火にします。煎じていると杉の精油成分が湯気とともに蒸発し、部屋がいい香りです♪アロマの効果があり、詰まった鼻の通りが良くなるようです。

 水が半分とか減ってきたら、また水を足して煎じます。←この辺、適当です。僕の場合、ブルー・ソーラー・ウォーターも足して、最初のヒタヒタ位になるように火を通して完成です。



kafun-09.jpg














 上戸と茶漉しを用意して、ボトルに詰めます。 



kafun-10.jpg














 約1L出来上がりました♪ 冷蔵庫で保管、1週間くらいで飲んだほうが良いでしょうが、飲み終わるのがもっと遅い人は、時々再沸騰させてください。沸騰時の蒸気で、鼻の通りが良くなるアロマ効果も期待できます。飲む量は分かりません。僕も適当ですが、僕の周りの花粉症の人たちも適当な人たちなので、「どのくらい飲むの?」って聞かれたことがありません。適当に飲んでくれています。多分、1日コップ半分とかコップ1杯とか、だと思います???




kafun-07.jpg














 「スムース」、ユーカリのエッセンスです。エドガー・ケイシーの健康グッズの
一つ。肺がんの治療に作られたそうです。呼吸器系のデトックスに強い効果があり、呼吸器系全般に良く効きます。

 何年か前の僕の皮膚炎では、左肺にも問題があると福田先生から指摘を受けていました。その時の職場の定期検診でも左肺の癒着、再検査の指示が出たのですが、「スムース」の吸入(1日10回以上)で治ってしまいました。



kafun-08.jpg














 この時期になると特に必要になるので、先月8本購入しておいたのですが、もう1本しか残っていません。吸入がきつくて咳き込む人は、マスクに1滴垂らしたり、寝るときにティッシュに少し含ませて胸元に挟んでおくと花粉症の人も楽なようです。写真で読めますかね?「スムース」は、福田高規治療院から取り寄せることができます。1本 ¥1260- です。



コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::