魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
enosima-06_20110128184227.jpg














 江ノ島の洞窟前、欄干の上部。宝珠になっています。
 地にどっしりと!芯は天を目指している・・・形ですね。



noyaki-07_20110128184800.jpg














 粘土で作って焼いてみました。
 一緒にいたKさんは、周りにモヤモヤが見えるって言っていました。
 焼きあがった瞬間は、熱で空気を巻き上げて蜃気楼のように見えるかも知れませんが、もう手に持てる状態だったので、彼女は気が見えるのでしょう♪^ ^



houju-07.jpg














 Kさん、多分こんなような、目に見えるような見えないような渦が見えたのではないでしょうか?



houju-04.jpg












 この気の流れは水煙とも呼ばれています。お寺の屋根の宝珠や、九輪(宝輪)の周りにみられます。



enosima-65_20110128184305.jpg














 江ノ島の洞窟の中にあった蛇です。蛇もまた龍と同じくサラスヴァティの使いです。形が宝珠です。洞窟の中での修行、今にも動き出しそうな “気の渦” をイメージさせるのに使われたのでしょうね。



houju-08.jpg












 宝珠は龍の好物と言われています。よく玉を手に握っている龍が描かれています。まあ玉には玉の意味があるのでしょうが、好きなのは宝珠!時間をかけて漁ってみましたが、殆んどはこの絵のように玉でした。宝珠を握っている龍は本当に少ない!


houju-09.jpg





 宝珠はこの龍の右上の渦巻く雲の形や、となりのお皿に描かれた形になります。
 球だと安定した形ですので、変化をもたらす力にはなりません。芯が天に伸びていることで上昇のエネルギーが生まれる。この形を空間に置くだけで空間に
エネルギーの歪(ひず)みが生じる。宝珠の形そのものが宇宙に気の渦を生み出している。昔の人はそれを方便として、「龍は宝珠が好き」と言ったのでしょう。

 ピラミッドも同じようなアイテムですが、宝珠は全方位型です。ピラミッドは方角を固定することで、特殊なエネルギーを生むことができます。




houjyu-01.jpg














 女性の乳房も宝珠の働きをしていると思われます。下のと合わせて「陰陽師」岡野玲子さんの絵です。




seimei-02_20110128185232.jpg














 ↑印で作る宝珠。
 他に、両手の親指の先(の腹の側を)を合わせて上に向ける。残った指と手の平で宝珠の下部を作る方法もあります。



haru-01_20110128185034.jpg















 “気の流れ” は “命の流れ” そのもの。“気の流れ” は中々見えませんが、植物が勢いを持って伸びるさまを “気の流れ” と思っても間違いありません。
 “息吹” とも言います。この大きな木、ケヤキでしょうか?地中に深く・・・深く・・・根を張るほどに、“息吹” は伸びやかに天に向かいます。“気” と “木” 同じなのも面白い。

 宝珠・・・地にどっしりと、中心は天を目指す形。
 実際にこの形を手にしたり、この形を心の中にイメージしたり、この形の中に入る(モスクの礼拝堂など)ことで、上昇するエネルギーとハーモナイズが起きる。宝珠はそんな波動上昇の形(それは宇宙のもつ基本的なエネルギーだと思います)シェンロンのエネルギーに繋がるアイテムなんだと思います・・・
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
おもしろいですね!!
ちゃんと理にかなっているのですよね・・・全て!
印つくってみました・・・
自然と身体が上下にまっすぐのび、気持ちがよいです・・・
この意識、今ひつようですね!
ありがとうございました!
2011/01/29(土) 17:28:12 | URL | tatsumy #-[ 編集]
tatsumy さん身体を使ってすぐに体験につなげてるのがステキですねえ!

岡野玲子さんの絵の印は、ハート・チャクラの前。
もう一つは、丹田の前で作ると使い勝手が良いようです。

シェンロンと仲良しになれますよ~!^^
2011/01/30(日) 04:24:12 | URL | G #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::