魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今日は西武線、飯能方面も都内に向かう車内もホームもとても混んでいました。

 高田馬場に着いたら、さらに凄い混みよう!!

waseda-01_20101107223811.jpg














 Big-boxの前のロータリーではフリマが。




 脳血管障害の場合、初期に動いていると治りが早い

 自分が動いているのを、自分で感じる

 特に、手足を動かすと良い

 脳の中で固定(自分はもう動けないと)すると

 症状も固定してしまう

 だから、もう10年も20年動かない人は、動くことは難しい

 寝ていても、起きていても歩く

 足を動かせなくても、意識の中で歩く

 歩き出すときは、頭の神経で、“歩ける”というテープが回りはじめる

 脳血管障害に限らず、皆さん、治そう治そうとする

 だから治療するという体験を続ける

 治るに決まっている 心配しない 不安にならない(症状の対応はする)



waseda-02_20101107230043.jpg














 「早稲田祭2010」が行われていて、歩道はずーっとこの人波!




 人生は 楽しい、楽しい、と楽しめばいい

 困ったときは 面白がる

 さあ!どうするか♪ いい体験になる

 リーマン・ショックだって、百年に一回の面白い体験!さあどうするか♪ 

 問題とは これから気をつけるべき事を 教えてくれている

 熱いものに触れて火傷することで 熱いものに触らなくなる

 私たちの意識の中には 問題があるときは 答えは必ずある

 答えは一つではなく いっぱいある

 私たちは 自分が選択した体験(病気も)をしている



waseda-03_20101107232255.jpg














 瞑想会、寝坊したときは、このバスに乗ります。





 皆さんは いつも天使たちに取り囲まれているんですよ

 それが感じられないと 自分は孤独だと思う

 人や社会を批判・非難することを始める

 それは みんな嘘ですよ 




 (神を実際にどうかんじるか?という質問に対して)

 自分の存在そのものと一緒にいる・・・

 光と一緒にいる感じかなあ

 光は波動

 宇宙全部が波動でできている

 “神は頭の中にいる”と思ったら、思ったらいい

 そこが光でいっぱいである

 “神は胸の中にいる”と思ったら 思ったらいい

 胸の中を光でいっぱいにする

 “神はヒゲをはやした白髪の老人”と思ったら、思ったらいい

 その光、その老人と話をする

 会話を勝手にする

 「ねえ? ねえ? 神さま○○○○○」と言う

 そうすると答えてくれる

 感謝してしまう

 「ありがとうございます♪」 そうしたら もう悩まないことにする




 電車に乗るときも 祝福して乗る
 
 座るときも 祝福して座る

 この場所は 最高の場所!

 最高の場所に座っている!

 何人もの人を祝福するときは まず自分を祝福する

 一人々々を見ることで祝福する 世界を祝福する

 私は光にあふれている

 神さまと一緒・・・




 いつも神さまと一緒だけれど 忘れていてもいい

 忘れていても一緒 お母ちゃんの背中におんぶされているようなもの

 「おしっこしたいよ?」って言えばいい

 

 

  
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
ヒカルさん こんばんは
ヒカルさん リーマン・ショックって、どんなものですか?
百年に一回のおもしろい体験?

それは百年に一回だけあるものなのですか?
2010/11/09(火) 00:04:00 | URL | atom #-[ 編集]
リーマン・ショック
2008年9月に米国の名門投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻し、 負債総額、約64兆円という史上最大の倒産劇へと至り、リーマンショックとして世界的な金融危機を招きました。
今でも、世界はこの影響を拭い去れないでいます。

心の中のマネーに対する依存が強い人が世界的に増え、マネーを操作することでマネーを生み出す方程式が作り出されました。こんな事長続きする訳はなく、いずれ破綻はくるのですが、マネーが懐に流れ込んでくる間、人はこの流れを止めることが出来ません。ひたいに汗して働いたぶん得るマネーが健全なのだと思います。

1929年の世界大恐慌は第2次世界大戦のきっかけにもなっているようです。このことから百年に一回と言われていると思われます。百年に一回のチャンス!と捕らえた人の中から、新しい世界が生み出されるのかな・・・
2010/11/09(火) 22:36:55 | URL | G #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::