魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 あいにくの雨だったんですが、海っぱたの美味しい回転寿司食べに行こう!
って話だったのでお出かけしました。


 目指すは津久井浜の「魚敬」。知らなかったのですが、今、回転寿司の激戦区は横浜駅前だそうで、そこで二年連続人気 No1なのがこの「魚敬」なんですって。
 三浦網元の朝捕れのネタ(メニューには無いです)があり楽しめます。今回の主目的は“イカ”!食べたお皿の半分近くはイカでした。




miura-12.jpg














 食べ比べてみて、イカ好きの一人の推薦がこの“女斗(メト)イカ”でした。
 調べてみると“メトイカ”とは三浦半島特有の呼び方で、通常はケンサキイカでその小振りなものをそう呼んでいるようです。






 美味しいお寿司を腹いっぱい食べて、子産石(こうみいし)に向かいます。子産石は何千年に一回くらい岩から生まれる石です。そう言っても信じてくれないので見に来たわけです。「子産石」ってバス停があって以前そこに住んでいました。

miura-08.jpg














 そのバス停にある子産石の大親分!




miura-07.jpg














 バス停から浜に下りる途中のお家にも♪

 岩が形成されるときこの丸い部分が芯になるんですって!それが波に洗われているうちに周りの柔らかい岩の部分が先に削られていき、芯の硬い丸いところが残り、最後にコロンと生まれる!




miura-06.jpg














 子産石が生まれる子産石の海岸です。




miura-11.jpg














 その海を見ながら、お茶を・・・




   

 雨の中、体が冷えて温泉に行くことに♪

 子産石につく前、大楠温泉の場所を確認しておこうと思ったのですが、「この辺だったんだけど・・・?」という所にありません。犬のお散歩の方に尋ねると「そこ!」っておっしゃいます。えっ!?見回してみても、それらしい温泉の施設はありません?もう一度尋ねてみましたが、やはり「そこ!」って???「そこ!」は駐車場です?
 大楠温泉は駐車場になって無くなってしまったそうです。代わりに国際村の山を越えた安部倉温泉を教えてもらえました!




miura-05.jpg















miura-04.jpg














 安部倉温泉へ行く道案内の矢印がいろんなポイントに無ければたどり着けなかったと思います。車がやっと通れる片側が崖の道などもあり秘境の温泉と言ってもよいでしょう。弱い硫黄のぬるい温泉でゆっくり入って温まりました♪




miura-02.jpg














 温泉でお腹がこなれた一行は有名なプリンのお店へ!夕暮れ、うっすらと窓越しに見えていた海は、じきに闇に溶け込みました。晴れていれば夕焼けの富士山の方向に日が沈みます♪




miura-01.jpg














 僕はお気に入りの“かぼちゃプリン”。プリンにしてはお値段はかなり高めですが、期待は裏切りません!お店の名前は「MARLOWE(マーロウ)」、お店の名前・ロゴ、マーロン・ブランドから取っているって勝手に思い込んでいるんですがどうでしょね?
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::