魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
mizu-01.jpg














僕のベッドの横の灯りです。




mizu-05.jpg














近づくと中には水が入っています。水はポンプで循環しています。




mizu-07.jpg














中のようす見えますか?水が流れ落ちています。




mizu-02.jpg














さらにアップ。谷の奥で源流が生まれるほどの小さな流れです。




mizu-04.jpg














そんな小さな流れの音を聴いて寝ます。




 水と命はとても深い関係です。夢の中で見る水は生命を象徴しています。
 地球で生命が誕生したのも海の中でした。子宮はその中に海を宿し、数十億年の生物の進化を十ヶ月ほどで再現するシステムです。生命誕生から何十億年もたっていますが、その当時の水の流れも今の水の流れも変わらない音だったはずです。(太古の水のほうが少しとろみが強かったかも知れません)

 この枕もとの水音を聴いている僕は、単細胞生物だったときからつないできたその時その時の生き物が聞いていた水音を同時に聴いている気がするのです。
だから水音は僕にとっては懐かしい命のゆりかごの音なのです。

 水の流れ・・・ 

 身体の中を流れる水・・・ 

 生活の中でこわばった身体は流れも滞りがち 

 枕もとの水の音を聴いているうちに、滞っていた流れがほぐれてていく・・・

 流れの水音は本当に気持ちがよい・・・ 生活の中で聴けるのは僕の贅沢です。
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
水の音、いいですよねー!
ワタシは水面下に耳が入った時の
「コォォォォ」っていう音が好き。
2009/10/02(金) 01:25:36 | URL | もも #-[ 編集]
「コォォォォ」っていう音いいよね~
お魚だったころの記憶にも「コォォォォ」っていう音あるんだろうね・・・
地上に上がって聴いた風の音。風の時間より水の時間のほうがはるかに長いもんね!
2009/10/02(金) 20:41:39 | URL | G #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::