魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
ありがとう!





 自分のインナーチャイルドにつけた名前と、彼女の名前、おんなじだあ!


 この画面みながら彼女と真剣!一つになる!

ひかる 「わたし、あなたに、ありがとうと言いたい」

 ぼく 「ありがとう!」

ひかる 「ありがとう・・」

 ぼく 「ありがとう♪」

ひかる 「ございます・」

 ぼく 「ございます・・・」


 彼女を自分の外側の存在にしない。自分の内側に住んでいる存在。
 出逢う人々、出会う風景、出会う出来事、を自分の内側に感じる。
 自分の外側に人を置くと、対峙してしまう。嫌なことがあると、みんな人のせい、自分は被害者。
 自分の外側に人を置くと、その人に◆対して◆評価が始まる。いい人とか許せない人とか。
 自分が世界の一部になってる感じ、そのままのその人を自分の内側の風景のように感じる。
 判断しない。コメントしない。ひ・と・つ・ワンネス。
 100% 自分の責任。ホ・オポノポノの世界。
 たぶんそこが5次元。「生命の統一場」
 命にたいする絶対的な信頼のあるところ。
 私とあなただけど、本当は一つなのが分かっている。
 対峙しない。平和。
 


ひかる 「陰で応援してくれる人が必ずいます・・・」
 
 ぼく 「うん、いるよね!」

ひかる 「そのことに気がついた人から、幸せになれるのかな」

 ぼく ^ ^
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::