魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
gyaku.jpg













Photo By alexgeist at Google Earth 





 写真でいえばフィルムがあっち。印画紙に定着させたのがこっち。
 パソコンの中のデータがあっち。プリントしたのがこっち。
 あっちのデータを、こちらで再生、体験してる。
 そして、そのデータは僕らの全ての想い。
 僕たちは、個人としても、集合意識としても、その想いを宇宙というデータバンクに放射、投影している。
 で宇宙はその情報を正確に僕らの現実世界にプリントアウトしてくれている。

 だから、愛がいっぱいをいつもしていると、一番良いことが起きるし、悪意を持つと宇宙の果てからまでも悪意の体験を呼び寄せるわけです。
 楽観主義が素晴らしいのは、ここにわけがあるんです!

 階層的にはあちらが上位になりますが、そのデータの上書きは僕たちの意志でしかできません。
 それが自分の体験は100パーセント自分の責任ということです。さっさと認めて上書きを始めた人の勝ち!人との勝ち負けではなく、“自分の人生が自分の手の中にないつまらない人生”じゃなくなるということ♪

 だから過去にどんなことが起こったとしても、次々にデータの上書きをして新しい人生を毎日スタートさせることが出来ます!ただしこだわっている過去を手放せない間は上書きできません。
 それは自分で上書きしないと決めているわけですから・・・

 次々に体験し、感じ味わったら、それはおしまい。次の体験を自分で決めて、自分で決めた体験を日々新たに楽しむのが人生です。うまく行っても、うまく行かなくても、どちらも貴重な体験!

 いつも一緒にいる相棒という大きな存在は
 そのまんまの自分をいつも一緒に感じている。
 上手くいかない自分を、相棒はそのまんま見てる。
 相棒は、わたしの失敗なんか見てない。
 わたしを見ている。
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/23(金) 01:30:07 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::