魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 おっしゃる通りと思います。

 素直に自然に任せれば、またその素直さが増せば増すほど、人は、より無邪気に自由に未来をセレクトできるのですから。

 意志をもって自然に任せることと、また、自然である中から出てくる意志と。
 これが、運命の両輪なのかもしれません。それは、帆船の航海に似ていますね。

 悟りの道にしろ運命の選択にしろ、その極意は、「素直さ」であろうと思います。

 ということは、もし修行というものが、人の成長にとって必要なものなら、それは、自分がいかに素直でなかったかの発見の道かもしれませんね。

 しかし、思う通りにならない大変さと、思う通りにしかならない大変さとの、両方が事実であり、そのはざまで、自分を探し続けているのが人の姿かもしれません。

 生まれて来て本当に良かったと、いままでがんばって来て良かったと腹の底から思えることが、万人の疑いのない幸せでしょうし、生き物として、良い遺伝子を子孫に残す責任なのでしょう。

 生命という大海に帆をはって、風のままに旅をしましょうか。

 こちらこそ、またお会いできる日を楽しみにしています。


p-51a.jpg
(50枚の楽園より http://www1.plala.or.jp/maui/album/album.htm
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::