魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
 僕がスプーンを始めて曲げたのが、10月9日。

 モモちゃんが僕のスプーン曲げを見に来て出来るようになったのが、11日。

 そしてモモちゃんが自分で曲げたスプーンを家に帰って持って家族に見せた
のが、同じ11日。

 それを見て、孫のカレンと息子が同じことが出来たのが、11日か次の12日。

 カレンは普通に出来ちゃったけど、息子は科学的でないことには懐疑的なので
出来たかな? どうなったかな?

 と思ったのですが、ちゃんと出来ていてホッとしました。

 こう言うのって、みんなで出来たほうがいいのです。^ ^



    
 スプーン曲げは、近い将来、誰でも出来るようになっていると思います。

 多分、スプーン曲げ以外にも、今では超常的な人しか行えない時空を超える能力とか、、

 思いが現実を創っていく重要なエネルギーであることを多くの人が知り始め、、

 かなり短期間に、今までの世界はガラガラと音を立てて崩れていき、今まで
とは相当違う世界が生まれる。

 そうなっているそうです。

 ただ一定の期間、混乱があると思われます。

 お金が使えなくなったり、流通が機能しなくなったり、大きな気候変動があったり・・・

 そのためにも、無駄に雑草が生えている休耕地で食物を生産することは大切だと考えています。

 その期間を乗り越え、その後につなげるためです。

 基本は分かち合うこと。



CA392685_convert_20171013145344.jpg

















 ↑  メメント・モリ(藤原 新也)、にあるように、太陽があれば国家は不要。






Trackback [x]
Comment:0
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。