魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
 昨日は四谷さんとこに体の調整に行ってきました。

 四谷さんに僕が、「もうダメだ・・・」と思っていたらもうとっくに死んでいただろうと言われ、、

 「食欲が出てきたのが、一番いいことだよ。」、と喜んでくれました。

 まあ、2年前の夏にリンパへの転移も含めての進行大腸癌の手術、3か月後、夏にはなかった約1cmのが肝臓に見つかり手術。

 主治医から僕の癌は「すばしっこいヤツ」、と言う表現でしたが進行の速い悪性であることが告げられます。

 1年後?(ここあやふやです)十二指腸近くともう一つ何処か(これも思い出せません)に転移。

 もう手術は出来ず、放射線も、抗癌剤も効かず(どちらも最初からしませんでしたが)、

 「手の施しようがないです。」「セカンドオピニオンを探していいですよ。」

 と・・・

 結構ショックでした。

 手術出来たら切っていたと思います。

 でも出来ないのが幸いしましたね。

 もう主治医が諦めたんだから、自分で治そうと決めたんです。

 この前、「しばらくCT撮ってないからGさん撮りましょう。」って言われたんですが、

 「だって先生、手術しないんでしょう。必要ないでよよね。もう随分CT撮りましたよ。安全って勧めるけどあんなの(線量がマイクロじゃなくってミリですよ!)免疫は弱るし、癌は増えるし、体にいい訳ないじゃないですか。」って言うと認めていました。

 手で触っても、腹部左側に新たな転移が分かります。CTで調べればさらに転移が見つかるかもしれませんが、そんなの知る必要はどこにもありません。

 特に、僕の体の中は主治医にはブラックボックスにしておいた方が都合がいいのです。^ ^

 でも正直なところ、「もうダメだ・・・」って何度もありましたね~・・・

 でもその後、必ず回復したし、何かがあったのです。生きる、って。

 彼女も二度は、「もうダメかしら・・・」って思ったって昨日聞きました。笑

 でも理由はないけど、死なないって思っているそうです。





 さっき夢が・・・

 「同じ存在の層」

 「存在として同じ」

 って言うんです。

 ブログ始める前はもっと覚えていたんだけど、夢の言葉はスーっと、その存在の奥の霧の中へ去っていきました。

 多分、全てのものは一つの源から分裂して出て来ているので、常日頃、固定的に思い込んでいる表面的な違いから意識を解放できれば、全ては同じ存在のエネルギーになれるよ。誰でも同じ故郷に帰れるよ。

 って言っていたと思います。

 ですから、自分は物ではなく、純粋なエネルギー体なんだと感じるところまで
くれば、全ては波動になります。

 この体は殆んど何もない空間になります。

 変わらないと決めている物って、、

 変わらないと決めている意識が無くなれば、、

 意外と造作なく違うものに変化するみたいです。

 電子が軌道を変えるときは時間のロスがないんですよ!

 う~~ん解りやすく言えば、木星が土星の軌道に引っ越しするとします。

 僕らの意識では世界で最も速い光のスピードで移動しても、少しは時間がかかります。

 ところが電子は隣りの軌道に旅して移動するんじゃないんです。

 タイムロスが無いとは、瞬時にテレポートするんです。

 どうやら象さんの一部を触って、それが世界だと思っているのが僕らのようです。

 水の味を変えるみたいに分子の配列をちょっと変えて、癌も健康な細胞に変容させるのは容易だと思えるところまではたどり着いたようです。

 後は出来るかどうか?

 ダケデス!





 今日は18日の子供食堂に備えて、実際の手順とか確認するため、プレで公民館に集まってお料理とかします。

 メニューは、栗ごはん、味噌汁、肉じゃがなど。

 大人の参加者全員一人米1合持参。

 栗手配、栗むき、みそ提供、だし提供、野菜、豆腐、あぶらあげ提供、肉じゃがの調理と調味料とか役割も決めてあります。

 さてどうなるか?

 楽しみです。

 8日(僕は残念ながらDNA3があって不参加・・・)は高麗川団地で、同じメンバーの一人(とっても若い子ですよ。) が中心になって、フリースーパーが開催されます。

 簡単に説明すると、食品が全て無料のスーパーで、今回はフードバンクのセカンドハーベストジャパンが協力してくれることになり、日本では最大規模のフリースーパーになる予定です(本人の説明によります)。

 この動き、流れ、ウキウキしています。

 行き詰っている文明。

 働いても変わらない貧困。

 その貧困な人たちがいることが生き方に反映しない富裕層。

 大量に廃棄されている食べ物。

 マネーに頼らない生き方。

 フリースーパーはその一角を切り崩す新しい取り組みだと思います。

 僕たちも、野菜やお米の栽培を手伝ってくれる人がいれば、収穫はみんなで売り買いではなく、分かち合いたいと思います。

 経費はまあ少しはありますから、そこは考えないといけないけどね~

 休耕田はいっぱいあります。

 草刈りにシルバーの人たち頼んでもちょっと広いと何万もかかるんですよ。

 国の無策のおかげで、新しい生き方を模索する、今は意外といいチャンスなのです!



CA392445_(2)_convert_20171004060053.jpg



















 


      

 
Trackback [x]
Comment:0
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。