魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
 今朝の朝食はグレープフルーツと温州みかん1ケづつ。

 昨晩から左腹部にひまし油の湿布をしています。効果を高めるために肌には枇杷の葉を挟んであります。

 数日前から、彼女が砂浴と同じ効果のある砂袋を5個作ってくれました。

 来月もまた、ライアーの治療に行きますが、前回、ライアーを背骨にあてて
演奏してもらったのですが、ある低い音が背骨を通して全身に響くのが分かり
ました。

 それは ♪ド の音でした。

 「♪ド の音は大地へのグラウンディングなんですよ。」

 確かに高麗川での砂浴は効果のあるものでした。

 でも、もう寒くなってきたので来年まで出来ないと思っていたのです。

 それが砂袋、一つを首の下、一つを胃の後ろ、一つを腰から仙骨、一つを足の下に敷きます。

 そして最後のを腸の上に乗せます。

 基本的にデトックスです。

 凄いですね、信じられないくらい寝れます。

 (ただし体調が悪すぎるときには波動が濃密すぎて、僕には無理)

 今、優れた体調とは決して言えず、横になることがしばしば・・・

 昨日もお昼の後、夕方まで寝てしまいました。

 夕食、お風呂入って、ひまし油のセットをして、このままでは寝れないと 「ゲド
戦記 外伝」 を読んで、でも寝たの12時過ぎでしたね。

 トイレで何度か(回数も減ったし楽に・・・)起きましたが、8時半まで寝てました。

 9時に朝食が終わり、お風呂入って、ひまし油を洗い落としてと思ったのですが、貧血です。

 動けず椅子でウトウトしていると龍がやってきました。

 「龍さん、寝たほうがいい?お風呂入ったほうがいい?」って聞いたら、、

 「寝たほうがいい。」って言われました。

 でベッドの砂浴場に横になると、またお昼前まで寝てしまいました。

 砂浴、ま、砂袋ですが、なんで?と言うくらい寝れます。

 温かいベッドで寝たままグラウンディングなんて、幸せの限りです。

 作ってくれてありがとうね!




CA392650.jpg


















 ここから、寝ているのか?起きているのか?意味不明の意識状態になります。

 25日に生前お世話になったN先生んとこへお線香を上げにいきました(これはリアル)。

 「治りたい。」、と思っているうちは治りません。

 朝食を食べてるとき、彼女と話していたんですよ。

 「あ~!風邪は抜けたみたいだね~」

 「って言うふうになりたいね。」

 「あ、なりたいねェ、って言っているうちは治らないんだよ。」 笑

 なんて話してベッドで横になったのです。

 横になって、龍さんに乗って軽々と山並みを越えているイメージで目を瞑りました。

 昨夜から、左の患部にひまし油 & 枇杷の葉をあてて寝ていたので左は痛みが消えていました。

 右の主訴に 「龍さんここの痛み取って。」 とお願いすると、、

 龍さん自分の鱗を一枚取って、僕の患部に入れてくれ、痛みとその原因を、
神さまの元へ運んでくれています。

 僕はすぐさま、龍の鱗が再生する魔法を掛けました。

 N先生にも 「力を貸して!」ってお願いします。

 先生のお母さん涙ながらに、「ふみとし、Gさんにあんなに甘えとって、いま力
貸さんでどうする!」

 実はN先生との出逢い。

 生きて来てこの人は? 宇宙人?・・・ と感じた唯一の人なんです。

 見れる人には銀色の龍体に見えたそうです。

 「力を貸して!」ってお願いすると間もなく、股関節が勝手に動き始まります。

 八ヶ岳のセミナーで習った膜宇宙療法のエネルギーが働いています。

 設定を省いても起こるってハリーさんが言っていたのはこれか・・・

 セミナーのときみたいに膜宇宙のエネルギーに協力しないで、されるがままに感じてみました。

 股関節以外にも、手首の関節とか何ケ所かでそれは働いてくれました。

 自分では取れない、無意識の中の緊張を解放してくれているのだと感じました。

 N先生、ありがとうございます。

 お線香上げに行ってよかったです。お母さんともお話しできたし・・・

 お母さんに聞けばタバコの銘柄が分かると思ったのですが、分からず。

 「わたしはタバコの煙は反対なの。」っておっしゃるので、お酒にたい焼きというお摘まみで大変失礼いたしました。^ ^

 お線香上げに伺ったのは、力を借りにです。

 扉を自分で開けに行ったのです。

 行かんでも出来ることなのですが、体を動かして体のない人に逢いにいくのが大事と思ったからです。

 生きる!治す!は自分で決める。

 「力は幾らでも貸す。でも何に使う?それを自分で決めんでは、本人がグラついていて、どうやって貸せる!」

 それは神さまでも、N先生でも同じことです。

 夢の中では、誰の問いかけかは分からなかったのですが、、

 「龍になってみるか?」

 との、投げかけが有りました。

 僕は若いとき交通事故で臨死体験までして、死にかけています。

 50の頃にも、絶対に正面衝突で死ぬと覚悟を決め、目を瞑った事故が起こらず助かっています。

 未だになぜ助かったのかは分かりません。

 助けられたのです。

 龍になるのは面白いと思いました。




CA392649.jpg

















写真二枚とも 「陰陽師」 岡野 玲子 (原作・夢枕 獏)より。







 
Trackback [x]
Comment:0
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。