FC2ブログ

魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
CA392555_(2)_convert_20170829093749_20170912030408431.jpg















潜象エネルギーセミナーで、僕の部屋にあったヒロヤマガタさんの絵(部分)。





 大抵は夢の旅は一人なのだが、、

 この時はグループで旅をしていました。

 たどり着いたのは、インドのアシュラムのような場所。

 大きなお風呂があって、みんなで入っています。

 お風呂場には綺麗な音楽が流れています。

 歌っている内容が反響して聞こえないのですが、、

 最後に、・・・コノハナ~サクヤ~ヒメ~・・・ って聞こえて夢は終わります。

 (あ!このお話し前にUpしたかも?年寄りになると話を繰り返します。ご勘弁を・・・)

 それが夢から覚めると、なんか違います。

 自分が以前と違うのです。

 俺って今まで、こんなにも頑張って無理して生きてきたんだ・・・ という想い。

 それを、今まで自分自身で知らないで生きていた!

 夢の内容から言って、そんな結論に繋がるなんて思えないのですが、、

 こんなにも重いものを背負って、我慢して生きてきたんだ!

 肩の重しを下して、楽に生きていいんだ~って、つくづく感じた目覚めだったのです。



  

 もう一つは、体がきつくて辛いと、本当に情けなくなります。

 そんな時は、あ~・・・ やっぱり治るなんてことはないのかな・・・ って思います。

 前向きなことは一切考えられなくなって・・・

 本当に情けなくなって・・・

 子供だったら、オイオイと声を上げて泣くのだと思います。

 また子供のように泣けたら、楽だと思います。

 でも泣くスイッチが入らないのです・・・

 そんなことを彼女に話しました。

 いろいろ話して、話を聞いてくれて、楽になったのですが、こんな時でも明るいので助けられています。

 「死んでもいいよ!」

 「どうせ行くとこ決まってるし。」

 「テポドンが飛んできて、明日には生きてないかも知れないからね。」 

 って言ってくれたのです。

 今までは。「死んだら恨むよ!」 だったのです。

 あ~ 死んでもいいんだ~ って思ったらホッとして、楽になりました。

 自分でも全く、考えていないことだったので、驚きました。

 人は必ず死ぬものですが、死んでもいいという選択肢を自分に許すことはしてなかったなあ~と思います。

 生きていて、不思議な軽さを感じました。



  

 夜、寝れないときなど、体操をするんですよ。

 横になったままです。

 半分寝てます。

 この前の八ヶ岳尖り石のセミナーで覚えた天城流湯治法で全身、特に下半身、股関節周りを緩めてみました。

 3時間近くやってました(起きてたらこんなに長くできません)。

 半分寝てて脳みそが邪魔しないので、感覚が鋭くなります。

 深部を緩めるので、かなり痛い部分に手が入るのですが、癌の痛みに比べたら楽なもんです。

 で、驚いたのは、、

 癌が大きくなったかは分からないのですが、息を吸うと痛い、痛みが脇腹から背中にも出ます。

 (2種類の痛み止めを使っています。それでも止められない痛みもあります。)

 だから背中を丸めて、浅い呼吸しかできない。

 それが、体操や体を緩めた後、体がポカポカでいつも冷えている足も温かくなっています。

 そして胸を立てて息を吸っても、痛みがないのです。

 え!さっきまで痛かったのに・・・

 体って不思議だな~ って本当に思います。

 肉体があっても、無くっても、もう僕のすることは決まっているんですが、せっかく面白くなってきた人生です。

 (肉体が無くなったら彼女からは「こき使うよ~」って言い渡されていますが。笑)

 このまましばらく進むので力を与えてください。






Trackback [x]
Comment:0
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。