魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA392334_convert_20170710233756.jpg















 南阿蘇村からカルデラを越えて・・・

 阿蘇の雄大さは写真には納まらないです!

 走れど、走れど、カルデラの中。

 その円周がマンホールの蓋が飛ぶように火を噴いた、カルデラ噴火って、、

 想像を絶しますね~





CA392341_convert_20170710233836.jpg
















 山道の走りにも飽きたころ、由布院に到着しました。

 山好きの友人が宿に選んでくれたのが、この “おく荘”。





CA392342_convert_20170710234046.jpg
















 ここは湯治宿。

 食料は自分たちで調達。

 キッチンにはオーブンレンジもある一応コンドミニアムです。^ ^;

 でもお洒落でも何でもなく、なんか実家に帰った感じ。

 何も構わないで置いてくれるのが一番ありがたいです。





CA392344_convert_20170710234115.jpg
















 町の散策と、朝夕の食料を買いに、下におります。

 窓は網戸のまま!玄関も網戸のまま!

 友人が、「誰も、取らんよ!」

 由布岳がよく見えました。

 田植えが終わったばかりなのに驚きました。





CA392346_(2)_convert_20170710234142.jpg
















 ちょっと泊まれない “玉の湯” に来てみました。

 “おく荘” クラスの離れだと、、

 う~~~ん!

 3人宿泊で¥4万(1人)、独りで宿泊したら¥6万ですかあ!

 “おく荘” はね、、

 1人¥3500-(笑) (2泊めは¥3000- 長く泊まると更にお安く!)

 それなのに、お刺身買ってお醤油忘れたのに、お婆ちゃんは「これ持っとき。」って一升瓶出してくれたのが、“おく荘” 。TT

 で、由布院のかけ流しの温泉、使い放題!

 柔らかい、いい~湯でした・・・





CA392356_convert_20170710234217.jpg
















 ところが、TVも新聞も見ない僕らは台風が近づいているのに気づかずにいました。

 由布院の真上、通過!

 通過時間、お昼前か・・・





CA392358_convert_20170710234248.jpg
















 どうしよ?

 チェックアウト、10時だわ!

 お婆ちゃんに 「雨止むまで居ってもいいですか?」、言いに行ったら・・・

 「ええよ。」って!

 よし!また風呂はいろ~ ^ ^

 見えますか?

 正面左の塩ビのパイプから出っぱなしの、温泉なんですよ~





CA392365_(2)_convert_20170710234440.jpg


















 お相撲さん、しました!

 え!言いませんか?

 こういうのにザッブーーーン!!って入って、、

 お湯が、ザッバーーーン!!って溢れるの。^ ^

 そうそう、この洗面器の下の椅子、、

 変な模様って思ったら、割れてて(眼鏡がないと見えんのよ!)、、

 お尻のお肉をかじられました。





CA392364_(2)_convert_20170710234326.jpg
















 風呂上りの冷えたスイカ、最高!

 パンとかも買ってあったので、お昼も何とかなりました。





CA392374_convert_20170710235741.jpg
















 雨も上がって、昨日見れなかった金鱗湖へ。

 観光客の7割は韓国の方?

 韓国、東京よりも近いんですね。

 僕はスーパー銭湯とかで韓国垢すりさんたちと仕事してたから、彼らの言葉は懐かしいんですよ。





CA392367_convert_20170710234537.jpg
















 “下ん湯”

 ここは露天で混浴なんですよ~
 (屋根付いてるけどねェ・・・)

 ¥200-

 今は仕切りがあって中が見えませんが、以前は仕切り(入口正面の板)が
なかったんだって!





CA392372_convert_20170710234610.jpg
















 中、入ってもいいって言うんで・・・

 誰~~も、居らんかったぁ!笑;

 でも、なんて大らかなんだろ!

 “おく荘” のチェックアウト、1時半とかだったのに、延長料金ありませんでした。

 “おく荘” さんありがとうございました。





CA392380_convert_20170711000147.jpg
















 途中また阿蘇を抜けて、、

 なんか日本じゃないスケール・・・

 草の海って、言うのが分かりました。

 台風の通過待ちのロスタイムで、予定していた日帰りの湯はパス。

 この日宿泊の大牟田の宿には、明るいうちに到着しました。

 三池炭鉱の研究者の方たちがよく利用されるそうです。

 当時経営していたトップが使うヴップルームが空いていて、こちらに予約変更!

 ここも安かったです。

 朝食付き、庭付き、御簾まで付いて、天井は??何とか言う豪華な組細工。

 この天井にしただけで、税金がグッと吊り上がるそうです。

 で、1人¥7000- ぽっきりでした。

 友達は自宅に帰りましたが、夕食を一緒にそのすぐ近くで取ることにしました。

 彼女はその “イソカフェ” ってお店を知っていましたが、夜はカラオケ歌い放題なのは知らず。

 その開放的な熱気に呆然・・・

 僕らも巻き込まれて、それはそれは楽しかったですよ!

 だって、お客さんが、お手拭きや、お箸、お水、カウンターにある食べ放題の、ポテサラ、南瓜の煮つけ、さつま揚げの煮物を小鉢に盛って運んでくれるんですよ!

 その後、運ばれてきた定食は?

 テーブル程もあるかと思われるお膳にギッシリ!!

 食べきれないのを見越して、お持ち帰り用のパックも用意してありました。

 &、お土産にって、レジ袋に入っていたのは、大福とバナナ。

 それでカラオケも全部ひっくるめて、¥1050- でした。

 絶句でした。

 ああ、明日は飛行機に乗って、帰るんだよね・・・





コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
数時間後には帰路でしょうか。

頂いたお米は早速焚いて
毎日おいしく食べております。

改めてありがとうございました。
気を付けてお帰り下さいませ。
2017/07/12(水) 06:36:15 | URL | アキロー #-[ 編集]
帰って来ましたよ~!

コメントありがとうございます。

昨日は田植えをしました。

ちょっとお米小粒でしょ!

くず米とか気になったら選別して召し上がってくださいね。笑
2017/07/12(水) 09:39:59 | URL | G #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::