魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 去年の秋、女影に小麦を蒔こうと彼女が決めました。

 パン食が多いので、問題の多い輸入の粉ではなく、強力粉を自分たちで作ろうとしたのです。

 小麦はハナマンテンという種類。

 坂戸のJAが取り扱っていました。

 農家の方への販売が終了した時点で余っていれば、という条件で・・・

 JAさんから連絡があって、無事ハナマンテンが手に入ることになったのですが、

 手に入る前、女影の土地は小麦の栽培には向かないことが分かりました。

 それでもハナマンテンの種を買いに坂戸のJAさんへ・・・

 蒔くあてのない その種を持って帰る途中、巾着田に寄ってみました。

 巾着田のサポーターズクラブでも小麦を植える準備を進めていました。

 ところが中力粉の種は手に入ったものの、ハナマンテンが入手できなかった
のです。

 サポーターズクラブの会長さん、「(種がなくて畑が空いているから) そこへ
蒔けば!」 って!

 キャーッ!何ていい人なんでしょ!

 僕たちはいつもツイテいます。





CA391912_convert_20170407170134_20170625204546e80.jpg
















 次の年の春、巾着田では麦の芽がこんなに成長していました。





CA392075_convert_20170608234328_20170625204701e22.jpg














 実ったハナマンテンの刈り取り、脱穀をしたのは、今月のことです。

 なんと120kgも収穫がありました!

 とても食べきれません。

 お米だって、去年の秋の新米の籾摺りはこれからなんですよ。











CA392214_convert_20170625203924.jpg
















 今日は娘ファミリーが遊びにきてくれました。

 雨の日曜日の予報が、朝には上がっていて、清流の青空マーケットに一緒に行くことになりました。





CA392202_convert_20170625204058.jpg















 雨の予報もあり、出店は少なかったのですが、、





CA392213_convert_20170625203952.jpg
















 畑や田んぼでご一緒のSさんのお店や、この自家焙煎をその場で挽いて入れてくれる珈琲屋さんとか・・・

 玄米の入ったお稲荷さんが美味しかったです。^ ^





CA392209 (3)
















 こんなに小さな子たちが計算機を片手にニンニクの販売を!

 立派な店主と?スタッフたち?

 僕らも種ニンニク Get!しました。





CA392211_(2)_convert_20170625204123.jpg
















 そしてこのお二人との出逢い・・・

 巾着田の少し向こうでパン屋さんを始めるんです!

 材料の小麦粉の入手!どうしよう?

 って思っていたんですって。

 シンクロニシティが起きましたね。 笑

 パン焼く粉ならお任せください!

 話はとんとん拍子に進んで、僕らのハナマンテンを使って貰えることになり
ました。

 店舗は結構広さのある、1F。

 2Fで暮らすので、採れたお野菜なんかもお店に置かせて貰えることに。

 話しは盛り上がって、お料理を作れる人がいればショップもいいね!って!!

 ちょうど、日高市に引っ越してお料理のお店をやりたいって言ってた知り合い
も居たりして。^ ^v

 面白いですね~

 慎重に、一つレンガを積んで・・・

 次の準備が整うのを待って、また一つレンガを積んで未来を作る人がいます。

 勿論いいんですよ。

 でも、私はこのように生きると決意し、行動を始めると、見えないエネルギーが働き始めます。

 そして・・・

 応援しているよ! と、

 背中を押してくれるシンクロニシティが起こり、

 魂はグループで働いていて、不思議な糸で繋がっていることを知ります。

 見えない力が動いてくれます。

 これを、 龍 という人もおられます。

 龍 は自分たちを使って欲しくてウズウズしています。

 ありがたいことです。

 ただし指示を出さないと動いてくれませんよ。

 あとね、決意したら、具体的な言葉にする。

 言葉を発し、それを人に伝える。

 それと同じことを、世界に宣言する。

 言葉はとても大きな力を持っています。








 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::