魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今日は “時を超える” というテーマです。



CA392115_convert_20170614212857.jpg



















 昨日観た映画、「メッセージ」。

 突然どこからともなくやって来た12個の物体。

 「ヘプタポッド」と呼ばれるようになった彼らの目的は3000年後の地球人に
助けてもらうためだった。(ネタバレになるので余り書けませんが・・・ここ、お話
の大事なとこじゃないです。)

 彼らの贈り物は、人類の概念を超えた時間軸。

 僕らの意識では普通、時間の流れは、、

 過去 → 現在 → 未来

 の一方通行で、その逆は有り得ない。

 まぁ そこのところのコメントは今日は無しです。





CA392114_convert_20170614212937.jpg


















 もう一つ、今シータヒーリングを学んでいるんですが、、

 自分の病気、仕事を止めていて時間が取れること、経済、人との出会い・・・

 全てが重なるタイミングの “今” でなければ出来なかったと思います。

 つい先日インチュイティブ・アナトミー(サイキックとヒーリングを合わせた解剖学)のクラスを終了したところです。

 この創造のエネルギーを使うヒーリングに限界はありません。

 限界はそれを使う人にあります。(使う人の意識の限界内でです。)

 映画 「メッセージ」 には、今 、自分に必要な “メッセージ” がありました。

 僕の病気は自分的には、最後の出口に差し掛かっているのですが、、

 時々現れる痛みには対応せずを得ず、、

 つまり病気を治すという状態に、“今” だにあります。

 この病気を治す状態とは、病気であるということを前提にしています。

 出口は見えていても、その前で行きつ戻りつを続けているのが僕の “今” と
いう事になります。





 映画 「メッセージ」 の “時を超える” という贈り物・・・

 “時をらくらくと超える”

 もう少しで出口という自分の “今” を、すでに病気は治っている “今” に時間軸を移動すると・・・

 もう病気の必要も、病気も無いという事になります。

 これが今までの地球人の意識の制限を超えて、創造を利用できる方法の一つです。

 すでに、満月と新月の瞑想のAM2時に向かって意識を合わせてもらえば、
皆さんの瞑想がAM2時以外でも届くように設定されています。

 でも、自分の生死が掛かると、それ程簡単には進まないのも現実かな・・・

 そう!現実というのも本当は無い。だから思いどうりに現実が創れるというアプローチもありました!

 それも含めて、過去 現在 未来 の中の “今” を自由に旅する。

 それが “らくらくと出来る” ようになるのが僕のテーマ・・・

 だったかな~?

 では又。^ ^

                                    浄円







 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::