魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 女影のマコモタケの植え付けもほぼ終わって、、

 セブン-11で、おにぎり、ポテトサラダ、菓子パン、コーヒーを買って、巾着田へ
向かいました。

 昼前から晴天になって暑い。

 作業は腕まくり。

 あちこちで桜が満開、綺麗!!

 草取りの前に、お花見をすることにしました。^ ^



CA391910_convert_20170407170025.jpg
















 パノラマで見える桜・・・




CA391911_convert_20170407170111.jpg














 草刈りって、この麦と麦の間のホトケノザとか・・・




CA391912_convert_20170407170134.jpg
















 ほんとは雑草をうまく利用したほうが、フカフカした土になります。

 土の保湿にもなります。

 泣く泣く、草むしり・・・

 取らないと、土地借りられなくなるだろうからね~




CA391913_convert_20170407170159.jpg














 ホトケノザ。 

 ほら綺麗でしょ!




CA391916_convert_20170407170226.jpg
















 明日、明後日と、巾着田は“ 菜の花祭り”。

 でも菜の花が寂しい・・・

 ほとんど咲いてないね~

 桜がちょうど咲いていて良かったよね!

 週末、天気も怪しいし、どうなるでしょうか?




CA391918_convert_20170407170253.jpg

















 新しい微生物資材、「アスカマン21」 です。

 じつは長野の皆神山近くのホテル。朝食のとき・・・

 少し離れて食事されていた男の人が、近づいてきて隣の椅子に座られました。

 ん、?

 不思議なんですが、知らない方が、よく話しかけてくださいます。

 「アスカマン21」 は、彼のいる会社の開発した微生物資材です。

 彼は、化成肥料や、農薬を、全国にばらまいているJAの元職員でした。

 でも日本中を見て回って、このままでは日本の田畑はダメになると思って、
新しい会社を立ち上げたそうです。

 彼、Nさんという方ですが、長い時間、熱く、お話しになられました。




CA391919_convert_20170407170314.jpg















 今まで 「カルス」 を使っていたのですが、

 Nさんのお話しを聞いて、発注してみました。

 菌の性質が女影のドブ田にピッタリだったし、単価的には同じくらいかな?
「カルス」 は微粒子で風があると周りに飛び散ってしまいますが、「アスカマン
21」 はこのように顆粒状で扱いやすい。

 など・・・

 まあ結果が出るのは、1ヶ月ほど後になりますが・・・




 畑や田んぼは僕たちにとっては 遊び場です。

 ここに立つと、夢が膨らみます。

 ここにいると頭は働かない!^ ^

 (結果の出ることだけ考えます。)

 この前無理して最悪の体調になった経験から、ここでは来る度に、少しづつ
進めます。

 少しづつですが、夢が形になっていくのを見るのは本当に楽しいです。






コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::