魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 以外かもしれませんが、

 何もしない・・・

 働きかけをしない・・・

 これらが、結構な罪になります。

 宇宙の働き、宇宙の法則、これらをちゃんと使ってあげる。

 ちゃんと使ってあげてね~ それが大事なんだから!




 潜象エネルギーというエネルギーを想像してみて下さい。

 「え!なんだよ!それ??」

 「知らね~のに、どうやって想像すんだよ!」

 それはぁ・・・

 目に見えず、総てのところに満ち満ちていて、宇宙における質量の大半を占めているのに見つけることの出来ないエネルギーなんですが・・・

 最近、ダークマターという言葉をよく耳にしますが、同じ物のような気がします。

 仏教で言うところの、空のことだと思います。




 空は、何も無いことではない・・・

 例えば 「 光あれ!」 と言ったとき無から光が産まれるのではなく、潜象エネルギーという空(何にでも形を変えられる元。)に働きかける(形をあたえる。動機をあたえる。)ことで光がこちらの世界に現れる。

 こちらに現れて初めて、見ることができるし、実際に使うこともできる訳です。

 今ある宇宙は僕たちが使えるようにした部分だけの宇宙で、、

 まだ大半は動機が与えられないまま手つかずで残っている・・・

 何もしない、動機が与えられないままで・・・

 少~しバカボンな浄円がおもう、これが最初に述べた “罪” です。




 動機が与えられた潜象エネルギーだけが、現実に姿を現します。

 太陽を創り、地球を創り、海を創り、植物を創り、動物を創り・・・

 そして呼吸し、目的を持ち、ドキドキし、再創造を行っていきます。

 何もしないで動機を与えないと、世界は虚無に喰われていきます。

 この星では現在、みんなの幸せのためではなく、一部の人が豊かになる仕組みに使われています。

 エンデの、『果てしない物語』 の中でも “幼ごころの君” は宇宙を創造する力なんですが、自分に名前を与え、コマンドを与えるバスチアンが居て初めて、新たなファンタージェン、宇宙は創られました。

 これが 『ネヴァー・エンディング・ストーリー』 の真の秘密です。



CA391745_convert_20170316125140.jpg


















 僕たち一人ひとりが、宇宙を創る動機!

 これを行使することを、創造主は待っているのですよ。

 自分自身を楽しみたいから!!

 働きかけをしないと、希望も、ワクワクする感情も、動作も、情熱もない、恋することもない、冷え切った虚無の宇宙になってしまう・・・

 何も起きないことを、只々、只々待っている・・・ って自分の総てで観じてみてください!

 潜象エネルギーは、あなたが働きかけてくれるのを今か今かと待っています。

 “幼ごころの君” のお守り、アウリンの裏に書かれていた文字覚えていますか?

 『 汝の 欲することを なせ!』

 あなたの望んだことが世界を創ります。

 実際に創るのは “幼ごころの君” 創造主ですが・・・






 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::