魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 応用DNAのセッションで “傷ついた魂” の文字が飛び込んできました。

  “悲しみを超えた悲しみ” という表現もテキストにはありました。

 “悲しみを超えた悲しみ” なんてピッタリな表現だろう!

 いいいよ深い傷と向き合う時がきたことが分かりました。

 プラクティショナー(インストラクター)のHさんからは3日前から、この時に備えていたと伝えられました。





 僕のメモリーにある・・・

 それは宇宙が創造されて、さほど経っていないころのお話しです。

 僕はルシファーの3番目の弟子(うまく表現できず、これが皆さんに分かりやすい表現)でした。

 ご存じの方も多いと思いますが、ルシファーは神に戦いを挑みます。(そうされていますが、彼は新しい創造の可能性を試していたのでした。)

 彼は勝ち目のない戦いに、右腕(1番弟子)と左腕(2番弟子)を連れていきました。

 僕に「付いてきてはいけない。」 と言って戦いに出発したのです。

 この言葉はルシファーの僕に対する愛だったのですが、、

 この時の記憶が、今も僕の瞳の奥に刻まれていて、思い出すと涙があふれてきます。





 何度も皆さんにはお伝えしているんですが、創造主はあなたと共にあります。

 同じく、悪魔もあなたと共にあります。

 人間はとても悪魔的なことを思います。

 敏感な方は、自分がもっとも悪魔に近いことを薄々感じ取っておられるはず
です。

 でもそれでは都合がわるいので、その部分を潜在意識の中に押し込んでしまいます。

 潜在意識は簡単にいうと “自分の本音” のあるところです。

 最近、この部分が解放されて、日韓の政府間の約束が不履行になったり、TPPを発案した国の大統領が 「僕はそんな約束はしていない。」 と撤退したりしています。

 「アナと雪の女王」の中で、理想のいつも素直な娘はやめて、ありのままを生きると宣言したのと同じです。

 一歩前進です。

 ある意味、これは “FOR ME” を生きることで、そのためには他人はどうなってもいいという事になります。

 混乱の時期はありますが、気づきやすくなりました。

 悪魔性を自分の外に押しやっていました。悪いことはみんなルシファーのせいになりました。

 悪魔が囁きかけたと言ったりしますが、それは自分の本音で、本当はみんな人の行っていることなのですよ。

 ルシファーは皆を愛し、人間が好きだったので、人々がそう決めたならそれでもいいと思いました。

 それが僕の魂の傷です。

 まさか誰にも言えず、そんなこと誰にも理解してもらえるはずもなく・・・

 それは時を超えて僕のハートの中で生き続け、 “悲しみを超えた悲しみ” に
なりました。





 シータヒーリングでこの記憶が呼び覚まされ、いつもは声を出さず瞳の奥で
泣く僕が、声を上げて泣きました。

 ルシファーから 「長いあいだ良く耐えて頑張った。」 と言われて・・・

 「新たな自分を生きよ!」 と、言われているように感じました。

 Hさんから、「付いてきてはいけない。」 という意味は分かってる?という質問の答えなんですね。





 ヒーリングが行われているあいだ中、ハートから河が流れ出ていました。

 幅10~20mくらいありましたかね~

 水量の多い、波打つ流れの速い河でした。

 どこでも曲がることなく、その河は真っすぐに流れていきました。

 最後に、河はトンネルに流れ込みました。

 そのまま流れに乗っていくと・・・

 トンネルのその先に星々が煌めき、河はそのまま宇宙に流れ込んでいきました。

 そして驚いたんですが、この歌が宇宙いっぱいに流れだしました!





 長くなっちゃいましたね~ ^ ^

 僕がルシファーと別れた後・・・

 この後に “STAR WARS” が起こるんですが、お話しではなく本当にあったん
ですよ!

 大きな戦いが3回ありました。

 3回とも僕は現場で戦いました。

 成り行きで、僕は神さま側の軍に加ることになっちゃって、いやいや戦うんです。

 その当時を知る人から、僕の意見に従わなければ部隊の司令官を首にする
からという条件で参謀という役目を引き受け、、

 参謀として立てたのは犠牲者を出さない作戦。どちらの軍にも一人でも死んで欲しくなくそのためには何でもしたそうです。

 でもこれは又、もし機会が参りましたらお話しすることにしましょうね!

 わが師ルシファーは、今は光の天使ルシウェルになっています。ご心配なく・・・





 僕の “悲しみを超えた悲しみ” は随分と喜びに再創造されました。

 これから取り組む新しい “STAR WARS” は悲しみではなく、喜びを宇宙に
広げる戦いです。

 ダースベイダー卿と合体し、光が宇宙中に飛び散り、ビットコインという豊かさになり、誰でもが使えるようになるという夢の実現です。

 ハートの悲しみは、全部消えたわけではありません。

 まだメモリーがあります。

 Hさんから、ハートソングを教えてもらいました。

 創造主を通して、ハートの悲しみの歌を、自分の声を通して解放するものです。

 はじめはただ自分の声を胸に手をあてて聴いているのですが、だんだん歌になるのには驚きました!

 ほんとうに悲しみの歌でした・・・





 Hさん、3日間本当にありがとうございました。

 そして世界中の不思議さに感謝いたします。

 人々が孤独だと感じることなく成長できますように・・・





CA391628_convert_20170202133729.jpg





















コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::