魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
思い出(メモリー)
月光に顔を向けて
思い出が誘うままに心を開き
昔を思って
もしもそこで幸せの意味を知ったなら
新しい命が始まる

思い出
月明かりの下
たった一人
昔を思えば笑顔になれる
あのころ私は美しかった
忘れない
幸せの意味を知っていたあのころ
だから
思い出をよみがえらせて

くすぶっていた日々が燃えつきて
息が詰まりそうな冷たい朝の空気
街灯が消え
また夜が終わり
新しい日が始まる

夜明け
日の出を待っていよう
新たな命に思いをはせよう
あきらめちゃいけない
夜が明ければ今後のことも思い出になるなり
新しい日が始まる

(夏の日の木もれ日は
終わりなき仮面舞踏会)
花が開くように
夜が明けるにつれ
思い出が薄れていく

私に触れて
放っておくのは簡単
たった一人
輝いていた
あの日々の思い出の中に
でも触れれば幸せの意味がきっとわかる
ほら
新しい日が始まった




そのままの掲載です。

触れる体験をたくさんなさってください!

触れる。触れられる。

人とも、世界とも。

この体験の多い人の勝ちです。

体のあるうちに・・・







 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::