魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 生と死のむこうにある心の本質を知ることができたら、その生には意味が
あったという事になる。



 それが出来なければ無意味なことを積み重ねたにすぎないだろう。



 誕生のとき、おまえは泣き、全世界は喜びに湧く。



 死のとき、全世界は泣き、お前は喜びに溢れる。



 かく生きるのだ。



 死ぬこと、産まれること、そして生きること。

チベット死者の書 死と再生の49日(NHK 1992 )より




CA395158_2017011211050398d.jpg
















 もうすぐ6年。

 南三陸町。海があふれた海岸です・・・





コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::