魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 僧侶になるために必要な資格はありませんが、仏教の世界には仏門に入る
ことを許可してもらうための「得度」と呼ばれる儀式があります。

 ふむふむ・・・

 得度(とくど)は仏教における僧侶となるための出家の儀式。

 ふむふむ・・・

 剃髪し戒を守ることを誓約し、戒名(僧名)を与えて頂きます。この儀式を受けることで僧侶の仲間入りをします。

 ふむふむ・・・ 戒名(僧名)は頂いています。

 以前、古神道 と 真言密教 の修行?を10年ほどしたことがあります。
  
 その時の仏界、不二山海山寺(今はありません。)より 浄円という戒名(僧名)を与えて頂いています。

 なあ~んだ。 もう僕はお坊さんだったんだ~

 でも、お釈迦様の弟子になったということで、僧侶の卵だということです。

 ふつう、各宗派の僧になるには、それぞれの宗派で3年ほどの修行や、大学で学ぶ道や、通信教育もあるようです。

 そうかぁ・・・

 僧であることを宣言すれば、スタートできるんだ。

 僕はお寺を持って、延々とつづいている葬式仏教をしたいわけではありません。

 ここが、みんな仲良く幸せに暮らせる星になるように、お役に立ちたいだけです。

 本来一つである世界に裂け目ができて、二つに分かれていれば、そこに橋をかけるのが夢です。

 大学に学びには行かないだろうし、免状を頂きにお寺にも(必要がなければ)
行かないでしょう。

 空海に興味をもって調べたように、一休さんや、良寛さんや、本を読んだりしたいですね。

 昨日、在日韓民族の無縁仏の魂に愛を送ったように、目に見えるもの、見えないものの区別なく祝福を続けていきたいです。

 そして何よりも、全ての答えは問と一緒にあると思いますので、自分自身に
興味をもって生きていきたいです。

 浄円さん、 三日坊主じゃ駄目なの知ってるよね~ 笑




CA391600_convert_20170103131446.jpg

















コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::