魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA391171_(2)_convert_20160928093456.jpg
















 9月最終日曜日。

 清流です。




CA391175_(2)_convert_20160928094833.jpg


















 清流の青空マーケットに出店しました。




CA391172_(2)_convert_20160928093323.jpg

















 帽子や、毛糸や、布を・・・

 毎回、顔の方です。




CA391173_(2)_convert_20160928095023_20160928095143501.jpg
















 密造葡萄酒! 笑




CA391178_(2)_convert_20160928093405.jpg
















 売り物ではありません。

 可愛いですね~ 笑




CA391169_convert_20160928093214.jpg
















 僕たちはベッドと、健康棒を持ち込みました。

 あとBALI の冷たいスイーツ、ブブール・インジンも。。

 木漏れ日の下でリラックス・・・

 ただし、雨上がりで蚊が多いので、、




CA391167_convert_20160928093121.jpg
















 ちゃんと対策しましたよ! 

 青空マーケットはお昼ころで終わります。




CA391181_convert_20160928093541.jpg
















 夕方、巾着田に行ってみました。

 こんな感じです。

 曼珠沙華祭りは、10月2日までです。




CA391186_(2)_convert_20160928093639.jpg
















 月曜日、パッションフルーツが落ちていました。

 完熟です。

 栽培しての完熟は初めて!




CA391189_convert_20160928093708.jpg
















 お風呂上り。

 甘酸っぱく、冷たいフレッシュジュースを・・・
 
 トロピカルな味と、香りが、最高でした!




CA391191_convert_20160928093752.jpg
















 月曜日の日中、、

 巾着田の蕎麦畑を見にいきました。

 もう~~ お花が満開ですね~




CA391193_convert_20160928094030.jpg
















 奥の作業小屋が売店になっていました。

 マコモタケと、ミヨウガと、クジャクソウをゲット!

 さっと茹でると甘味が出て、サラダ美味しいですね~

 今は食べられないけど、以前中華のお店で食べた炒めが忘れられません。




CA391194_convert_20160928094056.jpg
















 女影の田んぼに植えてあるので、、

 来年の収穫が楽しみです!




CA391195_convert_20160928094122.jpg
















 巾着田に隣接する古民家で一息ついて、、

 高麗川の流れに沿ってできた、河原の小道を歩いて帰りました。




CA391160_convert_20160928093010.jpg
















 火曜日は夕方から病院だったのですが、、

 お昼過ぎまで、田んぼの畔の草刈り。

 急に暑くなって、軽い熱中症になってしまいました。

 もうじき、稲刈りがはじまります。

 心配しましたが、実りましたね。 ^ ^







 ブログをしばらくお休みにします。

 ペット画像診断で、癌っぽいのが見つかりました。

 生きる、熱いエネルギーを落とさないように、、

 そして高い波動をつねに保っているのが、癌を物質化させないポイントだと思っています。

 どうやら僕の現状は、この臨界点の上にいったり、下にいったりのようです。

 ヒーラーは、まず自分をヒーリングする。

 またとないチャンスが与えられています。

 生活も、内面も、再構築して、自身の全体性にどこまでたどり着けるか・・・

 やってみる決意です。

 パワーと祝福を送ってください。

 ご報告できる日を楽しみにしております。

 ではでは! ^ ^/






 

 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::