魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA390537_convert_20160628095013.jpg















「癒しの光・上巻」 バーバラ・アン・ブレナン




p380

 ネガティブな声の正体をみつけたら、それをポジティブな声にとりかえる。

 ネガティブな声と感情が湧き出してくるたびに、自分がイメージしている人生のすばらしさに立ち返ってそこにとどまるようにすれば、望むものを創りだすことができる。

 そうしていれば、やがてネガティブな声とその下にある恐れを浄化し、それを
ポジティブなイメージと創造エネルギーにとりかえることができる。

 ビジュアライゼーションとは基本的に、創造エネルギーを方向づける手段だ。

 このエネルギーは、否定とネガティブな感情を浄化することで開放される。

 こうして別の習慣的行動様式を創りあげるのだが、こんどはポジティブなものになる。

 人間の心について面白い点は、なにかを充分な回数繰り返せば、心はそれを真実とみなして働くということだ。

 そもそもこうしてネガティブな声が習慣になってしまったのだった。

 こんどはそれをポジティブな声と交換すればよい。

 本当にうまくゆくのである。

 このように、ビジュアライゼーションはまた別の大変建設的な道をたどって展開し、恐れに直面して自分本来の感情を感じられるように導いてくれる。

 (下巻へ続く)






 上巻のラストです。

 最初にここを読んでしまった! ^ ^

 僕たちは間違いな く“創造するフォース” です。

 一瞬、一瞬、宇宙を創造している “意志のエネルギー” です。

 そして自分で創造した宇宙を生きています。








 

 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::