魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 手術が8月半ばだったので、2ヶ月半が過ぎた。

 術後、僕の癌マーカーは下がるのではなく上がってしまって?

 前倒しに検査をしてみた結果、肝臓に新たな癌が見つかりました。

 手術前の検査ではなかったもの・・・

 2ヶ月少々で1.2mm、、すばしっこい奴らしい。

 再発率4割と言われたけど、僕は6割に入っていると決めていました。

 こういう時は 「神さま上手く行かなかったね~」 って神と一緒に笑うといいんだって!^ ^;

 僕はもう治っていると思っていたのが、治っていなかった訳で、、

 もっと本気で自分と取り組む気持ちになっています。

 以前、駐車しておいた自分の車が消えてしまう夢をよく見たけど、もっと身体を大切にせよ!と言う潜在意識さんからの警告だったんですね・・・(夢の中の車はボディを意味することが多い)

 メモを整理していたら、アニータのワークショップのが出てきました。


anita2_20151102093654c3b.jpg




















 ・・・・・・・・

 「・・・ 光が全くない部屋をイメージしてみてください。

 皆さん一つずつ光を持っています。

 光の当たっているところしか見えない、、

 それ以外はいっさい見えない。

 電気がつくと、部屋の大きさが分かる。

 皆さんの持っている光は意識です。

 意識は一つのものにしかフォーカス出来ない。

 皆さんの意識が癌にフォーカスします。

 癌を撲滅しようとするキャンペーンをします。

 すると皮肉なことに、癌の患者が増えていきます。

 意識エネルギーを健康にフォーカスする。

 健康とは何か?

 健康という意識は何か?

 健康は、病気を超えたもっと大きなところにあります。

 病院では検査をするけれど、、肉体はもっと大きい。

 検査の質問に、、

 あなたは幸せですか?

 夢を追いかけてる?

 人間関係は上手くいってますか?

 このような質問を加えると、私たちは病気を克服していける。

 幸せであること、、愛を持っていることが、、

 病気を癒し、健康に導いていきます。

 人生は喜びをもって生きるものです。

 苦しむのはマインドのせい・・・

 私は自分を愛していなかったのです。

 自分が本当にしたいことを、自分に許していなかったのです。

 自分を愛せなければ、幸せになれない。

 これは本当に大事なのです。

 どこに行くにも幸せな自分を連れていく。

 これが一番大きなレッスンでした。

 誰もそれを教えてくれなかった。

 自分を愛するとは、自分を批判するのを止めることです。

 たとえ自分を愛していなかったとしても、、

 とんでもない間違いを犯した時も、、

 お金を失ったり、、失敗したり、、試験に落ちたとしても、、

 自分を愛しているのは、どんな時でも、それでいいんだよ!OKだよ!って言ってあげることです。

 自分を否定するのが一番強い。

 自分を愛するのは、自分を批判しないということです。

 鏡に映る自分の目を見つめてください。

 私はまた立ち上がることが出来ると、自分の目を見て、自分に伝えてください。

 自分を愛していないと、自分が幸せになることを許せなくなる。

 すると、人に幸せにしてもらいたいと思う。

 自分が幸せならば、人から与えてもらおうと思わない。

 自分の中にいっぱいあるから、人と分かちあえる。

 自分を自分で満たしている人は、自分の穴を埋めてもらおうと思わない。

 人を喜ばすことばかりして、自分を喜ばすことをしていませんでした。

 誰にもNO!と言えず、人を不愉快にすることはありませんでした。

 疲れきって、くたくたになってしまう・・・

 NO!を言うと、数人の友人を失うかもしれません。

 外の世界をリアルだと思っていると、内面を無視してしまう。

 本当の世界は内面にある。

 自分の内面をどれだけ大切にするかで、自分の体験することが決まっていきます。

 自分を親友のように愛し始めたら、幸せを引き寄せるのは簡単になる。

 朝起きたら、自分にハグして自分に愛しているよ!と言う。

 失敗しても、私の目の中ではOK!

 決して自分を傷つけることは止めよう。

 自分の心にしたがって、この世で素晴らしい仕事が出来ます。

 私たちは感情で繋がっていますし、フィーリングは言葉を超えてより強いもの
です。

 感情を感じたり、泣いたりするのは、とても大切なことなんです。

 自分を解放するという事なんです。

 癌に対する恐怖を経験するのが大切です。

 二つの選択があります。

 一つは、幸せになりたいからする選択。

 一つは、不幸になりたくないからする選択。

 したい仕事だからする。

 しないとお金がないから仕事をする。

 何をするにも大好きだからする。

 前は、結果を恐れて行動していました。

 いい食品は、人生を楽しむために食べる。

 食べないと癌になってしまう恐れからではない。

 苦しみを体験しているなら・・・

 今まで、自分が失敗したらどうしよう。という観点から選んできたから、、愛ではなく恐れから選んできたから・・・ 

 どんな選択も答えは二つではなく一つしかない。

 したいから、好きだから、欲しいから、選ぶ。

 そうすれば、皆さんの人生は全く違うものになっているでしょう。

 学校では愛からではなく、恐れから選ぶことを教わってしまいました。

 失敗するかもしれないという恐れから選んできてしまったのです。

 愛すれば愛するほど、恐れから選ぶことは少なくなっていきます。

 ・・・・・・」






 ずいぶん長くなってしまいました。

 アニータのセミナーのメモはまだ続きますが、このへんで終わります。

 臨死体験を経て、末期癌から生還したアニータのお話・・・

 楽しんで取り組みたいです!

 お話の中には、癌は医療的な病ではないこと、、医学的に癌は治癒できない
こともありました。

 また、逝くべき時間が来たときは、行くしかないというお話もありました。

 あとアニータの知った、純粋な愛だけが存在する世界。

 ピュアなエッセンス・・・ ジャッジメントのない世界。

 僕たちは常にジャッジメントを繰り返していると思うんですよ。

 たぶん、このジャッジメントから離れれば離れるほど、愛は自然に表れてくる
ように感じます。

 ジャッジメントを手放すのも僕のしてみたい事です。

 後は、自分で出来る治癒と、具体的な食生活なんですが、好きなものを何でも食べて、その自分を許すと言うのは違うと思うんです。

 ここは困ったときの福田せんせいの治療を受けて、心構え、食事等、色々と
お話を聞いていただいて進路を決めたいと思っています。





CA390590_convert_20140913225117_201511020937369bd.jpg
















 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::