魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 「終了時にはオーラが見えるようになるわよ!」

 ヒーリングという以外には何をするのか分からないセミナーでしたので、ピクニックのような気分で伺いました。笑


CA392250_convert_20151020061218.jpg















 参加者は、とみえ先生をふくめ5人、、

 お昼をはさんで10時から夕方の5時過ぎまで、内容の濃いセミナーになりました。



CA392253_convert_20151020061342.jpg















 最初は気のボールを作ってお互いにキャッチボールをしたりして、気のエネルギーを実体として感じたり、、

 CDなどから発生している気を感じ、CDの内容によって違う(例えば、強い・弱い、温かい・冷たい)気を感じてみます。

 しばらく基礎をした後、、

 相手にベッドに寝てもらって、気を流したり、身体の中をCTのようにスキャン
してみたり、相手の気の流れない部分を感じ取ったり、、 反対に自分が寝て、
相手の流す気を感じてみたりと、段々レヴェルが上がっていきます。



CA392251_convert_20151020061247.jpg















 会場と、これは休憩しているところ・・・



CA392252_convert_20151020061319.jpg















 このランプのように、全ての人、全ての動植物、全ての物の中には内在する
光があると、その全ての光は宇宙の中心から等距離にあると、、ある時から思う
ようになりました。

 

CA392254_convert_20151020061426.jpg















 治療は器としての身体に対して普通は行いますが、、

 ヒーリング(気の治療)は肉体ではなくアストラル体などに対して行います。

 内在する光が、暗くなったり、縮んで活き活きと輝いていない部分をリセット、元気にしていきます。

 実際に、手(アンテナとして)を使ったり、体(動きの起点として)を使ったり、
意識(エネルギーとその座標として)を使ったりしながら、相手のエネルギー
フィールドを引いて伸ばして広げるのが新鮮でした。






 セミナーも午後遅くには・・・

 相手の身体の各所(各チャクラや、関節部分、他)を意識・指定しながら、その部分の縮み?詰まり?を感じ取り(僕は手のひらで・・・)ながら、開放・広げて
あげる、、

 背骨を具体的に意識・イメージしながら(手を触れないで)マッサージする、、

 開放した各部分に光を入れて?閉じる、、

 という最終段階になりました。

 人が見たら、摩訶不思議な動きにみえますねぇ~ ^ ^

 とみえ先生、手術の翌日、僕のベッドの横でしていただいた不思議な踊り(スイマセン、そして、ありがとうございました!)、僕も出来るようになりました。笑



CA392255_convert_20151020061449.jpg















 今回のセミナー、一番面白く、また驚いたのは・・・

 僕がベッドで仰向きで寝ているとき、とみえ先生、僕の足に触れたんです。

 暫らくすると、先生の声が頭のほうから聞こえる。

 えっ!じゃ、今、足を触っている人は誰???

 ず~~~~~~~と、触っている。

 え・・・ 天使さん? 

 目を開けて見てみたら誰もいない? 目に見えない存在が立っていたよ・・・

 僕と同じことを感じて、目を開けて不思議がっている人が他にもいましたから、、^ ^;

 とみえ先生、玄体を作れるんですかぁ~

 気持ちよく、眠くなり、身体も軽くなりました。

 僕は実技はけっこう楽しくできましたが、してもらっているのを感じ取る力が
弱いのが分かりました。

 とみえ先生の言葉で・・・

 「意識が入っていく、、自分の気についていく、、相手のエネルギーと一体化
する、、考えない、、」

 「相手のエネルギーと一つになって、開放、広げてあげる。
 相手と一つになってエネルギーを感じていると、素晴らしくない人なんていない
と言うことが分かりますね~」 っていうのが心に残りました。

 座って一体感を感じる静の瞑想に対して、動きながら一体感を感じる動の瞑想だと思いました。

 ありがとうございました。

 ヒーリングは難しそうに思えますが、目に見えないものを見えるものと同じように扱う習慣を受け入れてしまえば、誰にでもできます。

 あと目に見えない自分の意識や、その意識の作り出す、やはり目に見えないイメージを大切にするのもポイントです。

 多くの方にこの手の技が広がり、世界中の人々が健康になり、みんな一つであることを知って、誰もが豊かで、安心、安全な世界になりますように・・・







 



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::