魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。




CA392066_convert_20151004175132.jpg















 目標を決めて行動する。






 かつて生きてきた 全ての人々

 いま生きている 全ての人々

 これから生まれてくる 全ての人々にご挨拶いたします

 よろしくお願いします





 記憶は背骨に宿ります

 “ありがとう” “喜び” は5番(胸椎) “静けさ” も “希望” もここです

 7番(胸椎)は “感謝”

 10番(胸椎)は “満足” です

 悟るって何だか分からないけど

 恐れなくなったね~

 以前 山で修行していたとき

 山から下りて 麓のお寺に行くとき

 昼間は怖くないんだけど 

 夜のお墓が すごく怖いんです

 「私と神は一つである!」 一週間 言い続けたね・・・

 そしたら 夜のお墓が全く怖くない自分に気づいた

 お月様が出てたね・・・

 夜 山を歩いていると いっぱいの目がこちらを見てるんだね

 以前はそれが分からなかった

 背中に目が着いてる 間違いなく着いてる

 何だろう? 振り返っても何もいない

 後で(恐れなくなってからかは不明) 狸ちゃんの目線だと分かりました

 日本人は 狸や狐が好きだけど

 狸や狐も 人間が好きですよ

 慣れると 狸は3m 狐は10mまで近づけます

 肉体を持つことで 恐れを感じることになる

 恐れは過去の記憶が作っています

 「 “恐れ” はどこで記憶しているんですか?」

 これが・・・ 超意識が教えてくれると言ってます 5番(胸椎)だね

 “恐れ” と “希望” はセットで 5番なんだね

 恐れを感じ切ってしまう

 恐れから逃げない

 本気で感じてみたらどう

 食べ物も 本気で食べるんですよ

 美味しいものを 喜んで食べるといい

 美味しいものを食べるのは 喜びの基本です

 これを食べたら癌にならない と思って食べてもダメで

 それでは恐れで食べていることになります

 アニータの 「喜びから人生を生きる」 ってこのことですよ




 女性から生理痛に関する質問があって。

 生理痛を治すのには・・・ (超意識に聞いています・・・)

 第三脳室だね~ 脳下垂体と松果体

 私は女性ではないので どんなもんでしょう・・・

 生理痛は 女性性を受け入れていないからかなぁ

 女性は 女性を意識しないと

 嫌悪感が(記憶に)あるのかも・・・

 生理痛を治すことを目的に 素晴らしい自分を感じる

 天(第三脳室)にあるが如く 地(生殖器官)にもいっぱい 喜びがいっぱい 
ってやるかねぇ

 女性は パソコンだとしたらキーボードの女性というキーを押さないと (女性は女性のボタンを押さないと)

 本気で生きたら 面白いよ~

 みんな怖がって生きているかな

 それが恐れかなあ




 どんな動作でも 胸椎の5番から動き始める

 足の指で喜ぶ

 一体感は 背骨ではなく 足の指先です

 瞑想は一体感

 一体感は 神と一緒 自分と一緒 人と一緒 動物と一緒・・・

 何と一緒になっても 同じです

 今に居るには 三つの方法があります

 呼吸 動作 感情 

 この三つを(二つを)感じる または どれかを感じる

 感じているのを 面白がる

 背骨に記憶されている癖は中々消えてくれない

 新しい考え(習慣)を入れていったほうが早い

 やっていくと成長して 花が咲いて 実が生るんだよね

 質問が、、「行動しないのを治すのは何番ですか?」

 2番(胸椎)だね~

 目的をはっきりさせないから 行動しない

 “希望” “喜び” は5番 

 5番は肩甲骨の中央です

 ケイシーが言っています 「いつも自分と一致しているように」 と

 行動しない人は いつも人のせい 世の中のせいにしている

 これから何をするか?

 それが大事なだけです

 過去は忘れる




CA392067_convert_20151004175156.jpg















 少し世界が変わりました。

 大きい目標、小さい目標、重い目標、軽い目標、遠い未来の目標、取りあえず目の前の目標、ピュアな目標、下心を感じる目標・・・

 近々の行動の目標、長い人生の目標をメモするといいです。

 メモしないと買い物忘れます(それかよ)。笑

 自分の望みを知る、行動する、そんなふうに世界に絡んでいると、望む世界にいる自分に気づくと思います。






 

 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::