魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今日、大腸ファイバーを受けてきました。

 年齢も年齢なので、メンテナンスしなきゃ!と思っていたのです。

 大腸ファイバーは20年ほども前、所沢の有名な医大病院で受けたことがあるんですが、

 物っ凄~~~~~~~~っくく!!痛くて、、

 リアル拷問を受けているようでした。

 気絶しそうで、こちらで時々 「タンマ!タンマ!」 って言って、先生の手を止めながらしてもらいました。

 その痛みの恐怖が体から消えず、20年も検査が出来なかったのが真実かも・・・

 自分の体からも感じるものがあり、半年ほど前に癌保険にも入りました。笑

 今日の先生、若い先生だったけど、上手だったですよ~ ^ ^

 経験の豊富な先生と、未熟な先生では、天国と地獄ほどの差があるんだ・・・

 「痛くないように、ゆっくりやってますから・・・」

 30分くらい、痛いところも少しありましたが、直ぐに通りすぎました。

 どんな気持ちで受けられるか・・・ 自分でも分からなかったのですが、、

 検査の前も、検査の後も、(検査中は痛いかな?って身体が緊張)、動揺しないで静かに受け止めている自分を、ホォ~って思っていました。

 結果は小腸との境にポリープが一つ、これはファイバーで切除。

 その少し上にはファイバーでは切除出来ないのがあって、入院しての手術だと言われました。

 昨夜から食べ物は禁止で、今日も結局は午後5時くらいまで食べられず、もう~お腹はペコペコ!

 「検査結果は急いで出します。」 って8日には分かるみたい。

 8、9、って久里浜なので10日に分かるんだ。

 結果は???ですが、どっちみち取るわけで、、

 今も、不思議と不安じゃなく、とっても好きじゃないイベントを通過して、お祝い気分で、少しウキウキで、清々しいです。^ ^

 


 あと自分としては、前立腺と、認知症、の検査。

 前立腺は、数値的には殆んど問題ないそうなんだけど、自分的にはあるし・・・

 ボケはちょっとヤバイ、と思っています。笑

 大腸ファイバーの先生を紹介してくれた主治医の先生が、「ボケの第一人者のいるのが〇〇病院。」って教わったので、予約しなきゃね~

 この後の入院もそうだけど、まあ、来るものは来るものとして受け止めて、
ひとつ一つ対応していくだけですね~

 昨日のつづきで、今日を何となく生きているよりも、人生のエンドを感じていられるほうが、生きる喜びは大きくなるように思います。







CA391491_convert_20150704000432.jpg















 梅ドリンク、こんなにエキスが出ました。^ ^





 

 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::