魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 CA390940_convert_20150511082038.jpg















 マッサージ支援の行われる、いつものビル・・・

 生え揃った若葉たち、、しっかりとした緑になりました。



CA390942_convert_20150511082059.jpg















 いつもの風景・・・





 楢葉町は除染もすんで警戒区域から解除され、町は自由に立ち入り、帰宅
出来るようになったそうです。

 よかった~!って思いますが、中々そうも言えないのが現状のようです。

 除染といっても、幹線道路、あと申請のあった家とその敷地内だけで、敷地を一歩出た土地の除染はしていないんだって!

 水道などライフラインも復旧されてないところが多く、帰っても暮らせないそう
です。

 埼玉で仕事の見つかった方は、こちらに家をもつ選択をなさったりしていますが、自分で望んで至ったわけではなく複雑な思いが残ります。

 「東電や政府の担当者の本音は、年寄りは早く死んでくれて、保障の問題を
一日でも早く終わらせたいんだよ。」なんて話も出てきて・・・

 でもそんな暗いお話だけでなく、買い物の話や、食べ物の話、同郷の方の
お話、他愛のない日常のお話と笑い声が部屋の中に響きます。






 過去は・・・ とくに重い過去はなかなか忘れることが出来ません。

 非業の死を遂げた霊は、肉体を離れてもずう~っとその体験から開放されないでいる。 ってお話まで・・・

 本当は人は今と未来に生きるのが大事なんだけど、過去を未来にまで引き
ずりたくなるんですね・・・

 過去にピリオドを打つことで、未来が新たに生まれます。

 傷ついた過去や、不安でいっぱいの未来に行ってしまっている自分のパーツを今ここに取り戻せば、今を生きる自分がパワフルになるのに気づくと思います。






 ちょっと想像してみてください。

 あなたは飛行船に乗って地球を離れます。青い地球がどんどん小さくなって
いくのが円形の窓から見えています。

 輝く金星をはもう後方、水星の横を通過するとき、目の前の太陽は巨大な光の玉!高度な冷却システムがなければローストになっているところ!

 そのあと火星の運河を上空から眺めて、昔あった戦争で砕け散った惑星の
かけらの間を抜けて、今は、もう少しで太陽になれた木星の巨大な渦を見て
います。

 遥かな時をこえて、ある遺伝子の実験が行われた目的地の衛星はすぐ近く
です。

 土星と土星の輪の間を抜けるのは次回のお楽しみに・・・






 なんでこんな想像をしたかと言うと、、

 それは今した太陽系の旅も、昨日スーパーで買い物をした体験も、すでに
過去になった記憶の情報としては全く同じなのを知って欲しかったからです。

 潜在意識は、現実と、イメージを、同じ現実として捕らえ区別することが出来ません。

 体験は食べ物と同じで、その中から大切な養分を吸収したら、早く排出しないと体内で毒素を発生します。

 もちろん、過去に起きた現実は未来にまで影響しますよ。

 でも体験そのものは今にはもう無く、記憶の情報の中にあるだけです。この
区別がつかないと過去の亡霊を背負って生き続けることになります。

 記憶している体験は、先ほどの宇宙旅行と同じでもう無い、今には無いのです。

 サーファーが過去の波のことばかり考えていたら、今の波に乗れるでしょうか?

 人生というサーフィンも、今乗っている波と自分をしっかりと感じているのが
醍醐味だと思います。

 そしてそんな事は頭で解っていてもダメで、少しでも行動できるようになると
住む世界に変化が起きてきます。






 これから田んぼと畑が忙しくなるので、一段落つくまでマッサージ支援はお休みなんです・・・




 

 

 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::