魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA390853_convert_20150207210412.jpg

















 自分で栽培したお米、玄米のまま初めて炊いてみました。

 今までは残っていた古いの食べていたのです。

 ↑ も少~し古いのが入っています。期待してたより美味しかったです。笑

 一食(小さいお握りくらい)づつにして冷凍します。




 日常の生活をスローダウンすることにしました。

 車(ボディー)を失う夢の意味 を自分なりに解決できて、夢の警告に従うことにしたのです。

 ブログのUpが既にペースダウンしました。

 訪問された方の記事を拝見しに伺うのも、最近していません。

 Upしたい事は色々あるんですよ・・・

 楽しい記事を読ませていただくのも好きです。

 ただ始めると夢中になってしまって、結局は睡眠時間を削ってしまうのが実情でした。





CA390831_convert_20150207214416.jpg















これは実家に帰ってきたところ。



 母を見送って一段落がついて、ほっとしています。

 母の死、悲しくなかったですね。

 逆に葬儀がすんで以前よりも身近に感じられます。

 実は子どものころから、人の死は悲しくなかったのです。

 葬儀で泣いている方の悲しみはシッカリ伝わってきて、そのほうがずっと悲しいんですよ。

 ツインソールのパートナーも子どもの頃から、人の死は悲しくなかったそうです。

 「わたしって冷たい人間なんだ・・・」 って思っていたそうです。似ていて楽です。

 僕のお客さまで “見える人” がいます。

 アパートの祭壇にも母の写真をおいてあるんですが、、

 その写真を見るなり・・・

 「この人、さっき車の後ろの席に座っていたわよ。」

 そんなことしなくても僕の側に居られるんですが、まだこの世の生活感覚で
生きているんですね。




CA390802_convert_20150207220035.jpg















 瞑想会から実家に帰ると、 「お葬式には行けないけどバアバにお線香あげ
たい。」 って久里浜に来てくれた息子ファミリー。

 息子が庭の柚子の実を摘んでいます。



CA390808_convert_20150207220102.jpg















 その日に、息子たちと、父と、弟で、見に来た海岸。

 このとき葬儀屋さんに教えてもらった墓地も見れました。

 東京湾が見渡せる高台にあります。

 「母の納骨を会津にするなら、子どもとしては一緒に入れるしかないよ。」

 暖かい三浦に住んでからは、お墓でさえ会津に帰る気になれない父・・・

 父の中では自分の入る所の目処がついたようで、ホットしたみたいです。

 ↑ の写真、この海岸には小さなリゾートホテルがあるんですが、5月にはみんなで泊りに来ることになりました。^ ^

 今日はここまででお仕舞い。






  
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::