魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。




 母の葬儀があり、久里浜に長逗留していました。

 久里浜から瞑想会へ行くのは初めてのことです。

 途中、福田せんせいが通っていた学校のある追浜も通過します。

CA390795_convert_20150126221203.jpg



















 かつて生きてきた 全ての人々

 いま生きている 全ての人々

 これから生まれてくる 全ての人々にご挨拶します

 明けましておめでとうございます




takatori.jpg














 せんせいが登った岩山とはここ・・・

 神武寺から山を越えて学校のある追浜まで歩いたそうですが、途中にある
岩山とはこの鷹取山です。

 今では勝手に登るのは禁止されています。




 岩山 登って 下りる

 砂岩で出来ていて こんな (垂直) なんです

 それを素足で登ったんです

 登ったら もう下りるしかない・・・

 下りるときは下が見えない 足のうらの感覚だけが頼りです

 若いときは無謀でした よく下りてこれた・・・

 下りられて 自分が守られているのが分かったかな

 大きな力が わたしを使っている

 その力に任せると 楽に生きられる

 今わたしの足しびれ始めている(瞑想で座っているので) そう意識が言ってる

 しびれているって どんな感じかな・・・

 その “しびれ” を目的にする

 すると意識が言ってる

 「前に行きなさいよ」 (上体を前に出す、倒すこと) 

 意識に任せる

 それが (大きな力に) 任せておくという選択かな

 しびれは取れました




 わたし達は 二つの自分を生きている

 考える自分 と 存在している自分

 存在している自分があるから 考える自分がある

 存在している自分は今にいるけど

 考える自分は今にはいない 過去や未来にいる

 “存在している自分があるから考える” のが分かってしまったら人生楽かな

 素晴らしい自分を感じると 健康になる

 困っている自分を認めてしまえば 困っているけど 困ったままで楽に生きられる

 存在している自分は 何でも知っている

 何でも知っているのは福田高規ではない

 高規は存在している自分に聞くから どんなことでも分かる

 “人生は上手くいかないことを楽しむ”

 それが わたし がたどり着いた結論かな

 治療なんて 上手くいかなかったら面白いよぅ~

 「よしっ! やってやる!」 ってなるね わたしは




 目的をはっきりさせる

 “素晴らしい瞑想をしたい” って決めればいいかな

 自分から来るメールを待っている感じかな

 とにかく楽しむかな

 メールはいつも来ている

 それを開くか 開かないか




 考える自分は 物語を作りたがる

 存在する自分は 素晴らしい自分です

 だから “素晴らしい自分をやってるんだ” という物語にすればいい

 自分自身に抵抗しないで 面白がる

 嫌な人がいたら 嫌な人を面白がる

 嫌な人だねぇ~ って面白がる

 こんなことが起きてるけど どうする? って言うとメールが来る

 それが全託かな

 自分でこうする!って決めてしまうとメールは来ない

 しっちゃか めっちゃかの人生を喜ぶんだね~

 うっれしいねぇ~

 せっかく心配があるのに 心配から逃げる

 心配しちゃったらどう~

 素晴らしい体験をしてるんだ! うっれしいねぇ~ 

 “自分は素晴らしい” のをちゃんと感じるのが治療

 するとメールが来る

 それをする (メールの中身を実行する) と治療になる

 いかに自分は幸福で素晴らしい体験をしているんだろう

 うれしいな!







 10年以上も瞑想会に来ていて分からなかった。

 座っていたら左膝の内側が痛くなって・・・

 左膝の痛みを目的にして。

 自分ってどんな感じかな・・・

 確かにメールが何通も来ている。

 超意識にも聞きながら体を動かしてみたら、左膝の痛みが消えてしまった。

 自分以外の人の体の痛みを目的にしても同じだって、福田せんせい。

 へ~~ぇ 治療って不思議だぁ・・・




CA390785_convert_20150126221915.jpg














○  
 帰り道、風は冷たかったけど日差しには春の力を感じました。



CA390793_convert_20150126222002.jpg















 久里浜へ帰る電車の中・・・

 「なるようになる」 とは、

 あきらめてしまうことではなく、

 想像した自分に近づくこと。

 私たちは、自分の中で思い描いた人生を今その通りに生きています。

 無理だとあきらめてしまうのも、何かに挑戦しようと動き出すのも、どちらも心のどこかに思い描いた自分です。

 「なるようになる」 という言葉の意味は、なんとかなると投げ出してしまうこと
ではなく、なると思ったものになるということ。

 想像した自分に近づくこと。

 あなた自身が持っているその 「想像する力」 で、夢や憧れを自分のものにしてください。




 出合うものって自分なんだなぁ・・・




 
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::