魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 何とかチェックアウトに滑り込みセーフ!

 車はパーキングに入庫した時間までそのままにしておけます。

 チェックアウトはしたものの、もう少し遊ぶつもり・・・

 バンケットホールやチャペルまで100mほど、地下を斜めにエレベーターで
降りていけます。

 フロント横から乗ること1分半、降りたところは海のすぐ側でした!



CA390635_convert_20141210074816.jpg















 ホテルへの道路の下に変わったT字路の踏み切りがあります。

 七里ガ浜は目と鼻の先。

 踏み切りのすぐ下134号を右へ・・・


 
CA399988_convert_20141211102310.jpg















 次の信号、行合橋の手前の駐車場に浜へ下りる階段があります。



CA390641_convert_20141210074850.jpg















 サーファーがのんびり波を待っていて・・・

 しばらく座って、海岸の光と風を受けていました。



CA390647_convert_20141210074931.jpg















 海辺の散歩からホテルへ戻り、今回のプランになっていたお勧めスイーツを
いただきます。

 モンブランも、タルトタタンも、大人の味!

 クリスマスのお洒落なロゴは野菜のパウダーで作ってありました。



CA390672_convert_20141210083506.jpg



















 コーナーの売店でお土産に買ったものは、、

 帰って見るの楽しいんですよ~ ^ ^

 結局ホテルを後にしたのは2時過ぎていたかなぁ・・・?













CA390649_convert_20141210075011.jpg















 次にやって来たのは、三浦半島で一番高い大楠山(おおぐすやま)。

 展望台からは三浦半島がぐるっと見渡せます。

 東京湾、浦賀水道、千葉県、城ヶ島、油壺、葉山、逗子、相模湾、伊豆半島、富士山、さっきまでいた鎌倉、江ノ島も見えます。

 午後の太陽が相模湾に光を落として、キラキラと・・・

 昼前の光と違ってオレンジ色を帯びています。

 きっと今日は夕陽が綺麗だ・・・

 あっ! 人の来ないサンセットビーチがあったっけ。

 もうず・・・・・・ ぅ ・・・・・・っと、行っていない。

 行けるかな?


 
CA390657_convert_20141210075123.jpg















 134号から入いるところを通り過ぎましたが、何とか道を覚えていてたどり
着きました。

 畑の中や海辺の村の狭い道を抜けるので、地元の人じゃないと来るのは
難しい・・・



CA390660_convert_20141210075236.jpg















 海辺の手作りのベンチには、誰かの拾った貝殻が置いてありました。

 このベンチで何か食べていた人1名、車で入ってきて立ち去った人2名、
サーファー1名、浜で働いていた人1名だけ居ました。



CA390670_convert_20141210075358.jpg















 波打ち際にあった建物に興味をもって近づくと、、

 リゾートホテル&レストランのよう・・・



CA390671_convert_20141210075427.jpg















 敷地の外から撮らせてもらいました。

 いいじゃない!!

 ホテルはクローズです。

 もう一軒に電気が点いていてお店の人を発見!

 ホテルのことは???と言いながら、パンフを頂けました。



CA390669_convert_20141210075332.jpg















 ハイシーズンで素泊まり大人 ¥13000 ~ ¥30000-。

 ん! 畳みの部屋がある?

 ハイシーズンを外せば素泊まり大人 ¥4000- (布団の上げ下ろしはセルフで)

 お部屋でのんびり過ごすなら雰囲気も大事だけど、、ここは外がステキでしょ!

 お布団、自分たちで敷きま~す!笑

 三浦海岸に着いたときはもう陽が落ちていて、網元のやっている回転寿司で夕食。

 「今日は寒くてお客さまが入らない。」 ってお店の人。

 店内貸切でした。^ ^v





 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::