魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 大抵秋に行われる “いとこ会”。

 亡くなった叔父さんの供養に集まって “芋煮会” をしたのが切っ掛けでした。

 はじめは叔父さんや叔母さんも参加して大人数でしたが、旅立たれたり、寝込んだり、高齢だったりで、最近では従兄妹だけ、今回は6名が新宿に集まりました。


CA390934_convert_20141124090837.jpg















 京王百貨店、京懐石の “美濃吉”。

 こんなに手間のかかったお料理は一生の間、両手の指があれば足りるほど
しか食べないでしょう。



CA390938_convert_20141124090908.jpg















 “美濃吉” という名の冷酒も美味しかった~~

 久しぶりのほろ酔い気分もよかったです。^ ^



CA390939_convert_20141124090935.jpg















 高齢の男3人が集まりお酒も入ると、話はシモになります。

 出(尿です・・・)はどうか? 元気か?

 勿論、シモ以外のお話も色々あってのシモの話だとお断りしておきます。



CA390940_convert_20141124091005.jpg















 美味しいお料理、旨いお酒、楽しい話に盛り上がったランチタイム。

 解散は15時半くらい、いや~3時間半も話していたんですね!!



CA390941_convert_20141124091031.jpg















 16時02分の池袋のホームは夕陽が沈みかけていて・・・

 ほんと日が短い。



CA390942b_convert_20141124091114.jpg















 これは渋谷のカラオケが会場だった去年の写真。

 来年は川越で “うなぎを食べる会” になりました。笑




P.S.
 J子さん日本にいらしたんですね!

 ドイツに戻られたら寒いんでしょうね~ どうぞ暖かくしてお過ごしください。








P.S.
 日曜日の新宿は混んでいました。

 まあ都会に限ったことじゃないんですが、、

 人が人に向ける視線がキツイですねぇ・・・

 なにか不審者を見るような、自分とは違うものを見ている冷たさを感じます。

 僕たちは何かを見るとき色々なメッセージを一緒に届けています。

 暖かい目とか、優しさを込めた見方ってのもあるんですが・・・

 相手はちゃんとそれを感じ取るのを知っていてほしいです。

 昔は嫌なだけだったけど(今でも嫌な感じだ~)、

 可愛いなって思えるようになった(そんな事をするのが大切な時期は誰にでもある・・・)

 とっても変な言い方だけど、他人を見るように見ているんです。

 優しい目って、自分の一部であるかのように見るんです。

 同じ車両に乗っている人みんなと足の先の見えないところで、全員一つに
つながっているって感じることもできるんだけど・・・

 その全員を祝福することもできるし、選んだ人だけに届けることもできる。

 お財布のお金はあげると取りあえず減るけど、優しさや、祝福や、愛のお財布はあげるほど増えるからお得なんです。

 自分は不足してるって欠乏感が世界を覆っていますが、有り余るほど皆さん持っています。守られています!




 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::