魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。


 稲刈りで瞑想会に行けなくて久しぶりでした。


 今回もメモしたんですが、そのままでは意味不明で・・・


 今回体験した一番よかったのは、子どものように飛び跳ねて喜ぶことかな~


 う~~~んメモ 出来るだけ伝わるように・・・





 スムース(ユーカリのエッセンス)を吸い込むとき 安心(言葉にしてもしなくても) という言葉で吸い込みます(場所は脳下垂体を意識)

 スムースが無くて ただの呼吸でも同じようにすればOK

 安心(脳下垂体)は祝福

 安全(松果体を意識して吸い込むとき)も 健康(甲状腺を意識して吸い込むとき)も みんな祝福 このままで大丈夫!

 (甲状腺は健康と喜びのセンター。そして甲状腺刺激ホルモンを作っているのは脳下垂体。そのエネルギーの大元は松果体、若返りの腺、宇宙にも自分にも等しく満ちている力と繋がる腺です。)

 大丈夫でないときも いつでも このようにやります

 大丈夫でないときも 素晴らしいエネルギーをいっぱい持っている

 人生は自分で創っているゲーム

 わたしはゲームをしているんだから

 「よーーし やってやるぞ!」

 自分の未来は 全部自分で創っている






 怒りをちゃんと感じましょうよ

 怒りは体を持っているときしか感じられない

 怒り ストレスをちゃんと感じないで抑圧したのが 関節の痛み(腰痛とか)

 怒りは 素晴らしい体験

 質問が 「怒っているときも、このまんまで大丈夫!ってやればいいんですか?」

 違う ちがう

 怒っている自分の状態を 体を感じる

 人は考えてしまう それは前頭前野でおこなわれている

 その前頭前野を カラッポにする

 いいものを一滴残らず差し上げる カラッポにする 

 考えは必要ない 考えは邪魔する

 過去を捨てる

 もともとカラッポだから そのカラッポで 怒っている自分をそのまま感じる





 わたし(福田高規)は こうして皆さんの前でお話しているときも いつも動いています

 見て! 見て!

 いつも最高の動きをしています

 座るときも お茶を飲むときも 座布団を動かすときも

 それを見てください

 感謝 喜びの動きは多いですよ

 アゴを少し上げて 開いた両手をノドのあたりに置いて 両肘は胸のあたり
 喜びは 両手で作ったお花を天に差し上げるように 腰から上全体が天に近づくかんじ 胸とお腹が少し前に出ます

 福田高規 素~っ晴らしい存在!

 こどもは 肩甲骨をよく動かします 喜ぶとき万歳したり 飛び上がったりします

 わたしは朝起きたときに こどものように喜びます (これが一番の体験になりました。)





 瞑想は 「自分」 に聞く

 自分からメールがくる感じかな

 心を静かにしないとメールに気づけません

 クリスマスが近づいてきましたが サーイレントナイト♪ ホーリーナイト♪ です

 聖なるは 間違いなく静なるです

 静けさ カラッポ 邪魔するものは何もないんだから

 自分って どんな感じかな・・・

 この ・・・ が静けさ

 この ・・・ を観じるのが瞑想です

 ・・・で 相手の話を聞く

 相手って 自分自身 意識 宇宙 神さま





 女の人が料理するとき ろくなこと考えてないようです

 うまくいかない自分の人生 主人の悪口・・・

 元気の出ない人は 非難 批判 否定 をしています

 料理するときは 歌を歌いながらするといいですよ





 祈りは 「自分」 と語る

 わたし ここに います

 わたし こんな 感じです

 自分の体を感じるために 生きている





CA390683_convert_20141103073314.jpg















 会の終了後、Kさんと3人で食事をしました。

 3人は同じ職場にいた仲良し。

 ランチタイムからお店の休憩タイムまでお話していました。

 追加のホットチャイ頼んでおいて良かった!笑

 愚痴が話せる相手は是非必要。

 無理して我慢していると、ゼンマイのバネが巻き上げられてそのままになり
ます。

 言葉にするだけで、ギューっとトグロを巻いているマイナスのエネルギーが
開放されて楽になります。

 非難、批判、否定、の全くない聖人ではないのですから・・・

 怒り、ストレス、抑圧してると腰痛になりますからね。^ ^;






 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::