魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA390482_convert_20141008073722.jpg



















 おとといの稲刈りは台風で中止になりましたが、今日は爽やかな秋空、絶好の稲刈り日和!



CA390478_convert_20141008073652.jpg















 奥の黄色っぽくない黒米が今日の稲刈り。

 台風の影響は、背の高い黒米が畳み2枚分くらい倒れていただけでした。


 
CA390488_convert_20141008073958.jpg















 田植えのときも手伝っていただいたNさんが助っ人で来てくれました。
ありがたいなぁ!

 ヘルメットに電気工事技師さんの姿で登場のNさん。



CA390486_convert_20141008200845.jpg















 稲刈り鎌ってノコギリみたいに刃がギザギザなんです。凄い切れ味!

 黒米は背丈が高いので根元を多く残して刈り取ります。



CA390487_convert_20141008073854.jpg















 足元のバケツは田んぼの雑草コナギを入れるため。

 残すと次の年には1000倍に増えるとか!



CA390489_convert_20141008074028.jpg















 お疲れさま~! お昼ですよ。

 Nさん電気技師の免許は持ってないそうです。本当は鍼灸師さん。



CA390479_convert_20141008073754.jpg















 タデ食う虫も好きずき。

 畔で咲いていたのは溝蕎麦(ミゾソバ)でしょうか?



CA390491_convert_20141008074102.jpg















 刈り取った稲穂を去年の稲わらで丸けているところ。

 稲刈りよりも此方の作業が大変でした。



CA390493_convert_20141008074146.jpg















 稲穂を干す “はざ掛け” の棒を組み立てています。

 風で倒れないように棒を田んぼに打ち込んでいるところ。

 棒は南北にすることで午前と午後で “はざ掛け” した稲の両面に日が当たり
ます。



CA390494_convert_20141008074218.jpg















 動かないように上の棒をしっかりロープで固定。



CA390495_convert_20141008074303.jpg















 間を2ヶ所の足で補強して完成。



CA390500_convert_20141008074442.jpg















 日本の原風景ですね。

 今ではセイタカアワダチソウも何だか馴染んでいます。



CA390498_convert_20141008074348.jpg















 10時半に始めて、終わったのが15時半。

 稲刈りは半そででは駄目ですね。

 稲の葉があたって傷だらけ、日差しも強くて真っ赤、ダブルで腕がヒリヒリ!

 思えば4月の末に田起こしして、約5ヶ月で稲刈りにたどり着きました。

 うれしい風景です。



コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::