魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
それから潜在意識は「主語」を判断してくれないから
「あの人は信用できない・・・」って言ったとき、
「信用できない」って部分だけを実現させちゃうんでした。






 よく伺うブログの一節です。

 この言葉、スーーーっと胸に入ってきました。自分の中が整理されました。
ありがとうございます。

 潜在意識は “わたし” の中の広大な領域です。

 潜在意識君と仲良しになれると、親身になって助けてくれますが、放っぽって置いてヘソが曲がると人生がうまく進まなくなります。






 生きていると嫌な思いをすることがあります。

 危害を加えられたり、嫌な思いを与えられた人からは離れるといいのですが、離れてもその記憶は中々消えず繰りかえし蘇えります。

 「あの人は信用できない・・・」ではないけれど、「あの人は嫌な人だ・・・」と何度も思い出してしまう人がいました。そんな事したくないんですよ!
 
 潜在意識は “わたし” と “ あの人” を判別しないので、僕は嫌な人を意識するたびに、「わたしは嫌な人だ・・・」と同じことをしていたことになります。

  “わたし” とは意識している事そのものなので、 “わたし” という世界に、「嫌な人」、「嫌な人」、「嫌な人」、「嫌な人」 って 「嫌な人」 を増殖させていたのです。

 言葉でその仕組みを説明するのは難しいのですが、昔からいう 『人を呪わば穴二つ』 つまり、自分の墓穴も掘ることになるわけですね。

 お蔭さまでずいぶん楽になりました。

 意識がフォーカスしたものが世界に現れるんでした!

 改めて命が輝くことにフォーカスしようと思いました。




CA391836.jpg





















コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::