魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 携帯を忘れて家を出て、田んぼの写真とかありません。^ ^;

 予報では朝と午後おそくから雨だったので、早めに出かけたんです。

 でも一日ショボショボ降っていて・・・

 結局やったのは、田んぼの周りに張った電気柵の下に伸びた草をむしったことだけでした。

 田んぼの稲の穂はこうべを垂れてきました。

 畑は雑草と団子状態で、次回は真面目に草取りですね~笑




 帰りに飯能に回って、以前から行ってみたかった野口種苗さんに寄りました。

noguti.jpg













写真お借りしました。



 農作物の種の世界では有名な野口種苗研究所。 越生からだと高麗と武蔵台を抜けて名栗川をさかのぼります。

 道沿いの高麗神社さんにお参り。

 途中お腹がすいてきたので、清流の「シェ・ノア」 さんで軽くお茶とケーキ。
 屋根のあるテラス席から眺める高麗の山並み、テラスに絡まるアケビにはもう実がついているし、しとしと降る雨で夏なのに涼しくって軽井沢にきたみたい・・・

 野口種苗さんの場所は大体しか判らないので、途中で聞きながらたどり着き
ました。

 アトムや、ウランちゃんや、火の鳥のお出迎え!これが野口種苗の印!

 以前、野口さんは虫プロにいた経験があり、手塚治虫先生と虫プロから許諾されているそうです。

 説明していただいた青年が楽しい青年で、種のお話も面白かったですよ~!

 F1ではなく、日本各地でその地方だけで育てられている固定種を買うことが
できます。

CA390525.jpg


















 お兄さんお勧めの、美味しい「みやま小かぶ」と、甘く人参くさい「冬越黒田
五寸人参」、貯蔵向きの「奥州玉葱」を求めました。

 あと稲刈りのあと田んぼに蒔く「れんげ」、それにやってみたかった「小麦」も。





 このまま帰るのもなんだし、お昼もしたいし、、

 野口種苗さんの前の道をどんどん行くと名栗湖があり、さわらびの湯がある
のを思い出しました。

sawarabi.jpg

















 けっきょく来てしまいました。

 計画とか立てるの苦手だし、行き当たりばったりに次ぎが決まっていきます。
 将棋みたいに何手先を読むなんて、じぇーーーったい無理!!

 の~んびりお湯につかって・・・

 持ち込みOK!だったので、持参したオカズと売店で売っていたカップラー
メン。北海道ミソラーメン旨かったあ~ 笑

 畳の休める広間もあって、食後グッスリとお昼寝の人が約1名。^ ^

 ゆっくり3時間居れて、価値ある¥800- でした!







 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::