魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 5日は畑から帰って、昼寝をして、夕ご飯はセミナー会場で食べることにしました。


CA390514_convert_20140808075858.jpg















 セミナーは三軒茶屋、246沿いにあるお店で・・・



CA390516_convert_20140808075928.jpg



















 講習 (19:30~21:30) 料金 ¥2000- + ワンドリンク以上注文。
という設定。

 結構狭いお店なんですが、商品を片付けてスペースを作って、20~21名の参加者が何とか座れました。

 僕以外は全員女性でしたね。

 13の月の暦の手帳 が届いて、何だこりゃ???状態で・・・

 ちょっと教えて欲しくて参加したセミナーでした。

 僕が手帳を手にしたのが先週。

 僕と変わらないビギナーの方もそこそこ居られるし、お隣に座られた10年の
ベテランの方も 「奥が深くて解らな~い!」 っておっしゃっていて、、

 ホッとしました。笑



CA390519.jpg















 講師はこよみ屋のkozoさん(たぶん)。

 1年前の7月26日 (新年) から銀河の同期が始まったそうで?

 いきなり分かりませんが、今までの過去 ⇒ 現在 ⇒ 未来という直線的な時間の流れから、円環的な時間の流れになったというお話。

「新しい時間を “0” から学びましょうよ!」

今はグレゴリオ暦が中心ですが、農業や身体のリズムは月の運行とかかわりが深いことが知られています。

 「人工的な時間から、自然の時間に戻しましょうよ!」

 コスミック・ダイアリーを使っていこう!ホセ・アグエイアス博士を中心に、

  28日 × 13ヶ月 + 時間をはずした日 〓 365日

 を 1年とするムーブメントが起きました。



260.jpg


















 これはもう一つ、13(銀河の音) × 20(太陽の紋章) 〓 260(1年) を周期とするツォルキンと呼ばれるもの。

 13 × 28 + 1 〓 365 が身体のリズムを表すのに対し、ツォルキンは心の
リズムです。



hose.jpg















 ホセ・アグエイアス博士のお話 が You Tube にありましたので貼っておきますね。



dreamspell.jpg















 コスミック・ダイアリーを、そして4次元の時間の理解のために、ホセ博士が
作成されたドリームスペル・キットです。(写真お借りしました。)

 凄いなあ~~!!って思うのは、このキット無料なんですよ。

 ドリームスペル・キットは新しい時間の中で自分に気づいていくために宇宙がプレゼントしてくれるもので、お金での売り買いが出来なくなっています。

 4次元の時間を学びたい誰でもが無料で入手できます。

 「ドリームスペル 時間船地球2013の旅」 ← こちらをクリックして頂くと入手
方法が分かります。

 28日周期を使っているうちに、ドリームスペル・キットの意味が解っていく。

 そして260日周期のツォルキンが理解されていく。

 目に付くところにカレンダーをはっておく。

 手帳に起きたことを記入する。

 意識の元になり、新しい時間と馴染みやすくなるそうです。








kozoさんの言葉をメモしたの、書きますね。 

 「ツォルキンを見ると面白いことが分かるけど、全部は分からない。少しずつ知っていく。」

 「6つのキーワードで自分なりの解釈をしていく。」

 「13と20のリズムに乗ってくることによって、自分の時間が見えてくる。」

 「カレンダーに毎日一言は書く。」

 「カレンダーは何年でも使える。円環の時間なので、書き込むことでシンクロも見えてくる。」

 「28日に一回ある自分の誕生日を意識する。」

 「このカレンダーを使っていくと時間の変容が起き始める。自分はどんな時間なんだろう?自分は何なんだろう?」

 「自分の時間を見つめていく。使いながらキーワードを意識する。」

 「カレンダーの中には何もない。ただ周期がある。」

 「リズムが自分にどのように影響を及ぼしているか?」

 「その中に、ドリームスペルの情報はあるか?」

 「ウェーブスペル、ツォルキン、疑問、人に聞かないのが大切。自分で気づく
のが大事。」

 「自分流の使い方を見つけていく。」

 「1ヶ月かけて、磁気の月を味わう。」

 「1ヶ月かけて、月の目的を見つける。」

 「13月かけて、13の音を体験してみよう。」

 「同期に入ってしまった私達は4次元の中にいる。ツォルキンの一番面白い
ところはウェーブスペル。13の音の流れ。」

 「13が原動力になって、4次元の時間を動かしている。」

 「ドリームスペルの解ったところを書き込んでいくのにドリームスペル・ダイアリー (ノート) を作った。」

 「ドリームスペル・ダイアリー (ノート) は銀河の用紙。銀河の用紙のウェーブスペルに自分のマイ・ウェーブスペルを作る。心の中のことを書いていこうと思った。」

 「心の時間のカレンダーに合っているのがウェーブスペルではないだろうか?」

 「湧き出ていくイメージはなんだろう?」

 「260日周期のダイアリー。始まりも、終わりもない時間。時間はみんな今に
ある。」

 「楽しめるコツ。手帳のP32~33。自分にとってどんな年になるだろう・・・
実現したい夢。新しく始めてみたいこと。今年、行きたい所。健康の為に心がけたいこと。家族、社会、地球のためにしたいこと。 みんな手帳に書き込んでくださいね!ここに書いたことが皆さん叶っています。起こっています。」







 誕生日を入力すると、宇宙の音と太陽の紋章を組み合わせた、あなたのKIN (銀河の署名) がわかります・・・



 Gのは、

g.jpg

KIN178白い太陽の鏡でした。







 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
Gさん、おはようございます。

こんなにたさん、わかりやすく書いてくださり
大変参考になりました。ツォルキンの暦は難しそうですけど、
わからないなりにも慣れてきました。
32~33ページも意外なことを書いている自分が
おもしろかったです。
また何度も読ませてくださいね。

本当にありがとうございました(*^▽^*)
2014/08/09(土) 08:50:16 | URL | hisa #-[ 編集]
hisaさん、ありがとうございます!

「ドリームスペル 時間船地球2013の旅」 ← をクリックすると、、

今は亡き、ホゼ&ロイディーン・アグエイアス夫妻が2000年に来日したときの「時間の法則に関する7日間のセミナー」が記載されています。

長い内容ですが、良かったら見てみてください!^▽^

Gより
2014/08/10(日) 13:06:35 | URL | G #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::