魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA390203_convert_20140709095309.jpg















 クレソンを増やす川を作っています。

 僕らのアホらしいアイディアを、Tさん親身になって考えてくれます。^ ^;

 最も上流の取り入れ口から休耕田に流れを作って、クレソンを植えることに
なりました。

 ここなら水も一番冷たいしね。

 この横にナマズの養殖池をつくって、一度その池に水を溜めて冷たい水を
温める計画も進行中。

 いつになる事やら・・・?笑

 ここはセリとクレソンの畑になります。

 上手くいけばね~笑

 結果は別として、この水路づくりがメッチャ楽しい!!

 こう言うの、子どもが大好きですよね。

 子どもにすっかり戻って、溝を掘り、取水口の水の量を調節したり、 この日のクライマックスでした。^ ^



CA390206_convert_20140709095441.jpg















 田んぼの草取り (雑草は泥の中に踏み込んでいます) や、、

 カモや、サギが倒した苗を直したり・・・

 一本植えした黒米も分けつしてきました。



CA390208_convert_20140709095519.jpg















 田に浮いている藻はそのままで大丈夫だそうです。

 保温効果があったり、雑草の生えるのを抑制もしてくれるとのこと。


 
CA390209_convert_20140709095554.jpg















 又、余った苗を休耕田に植えていますね~

 このあと晩いランチにしました。













CA390210_convert_20140709095634.jpg















 食後は暑くて働けないので、毛呂山の公園の蓮の花を見に行きました。

 蓮園の入場はなんと正午で終了!

 毛呂山の職員さん、リゾートしてましたねぇ。

 僕たちもベルクで避暑。笑

 お昼が晩かったので、小一時間で4時、畑に向います。



CA390212_convert_20140709095752.jpg















 大豆をたっぷり収穫したいYちゃんに、Tさん

 「あの黒いシートのところまで使ってください。シートのところはオカラ入れて
あるので大豆は無理ですね。」

 結局、三畝耕しました。

 土は耕すわ!草は取るわ!どこが自然農なんだか? ^ ^;

 台風でどのくらい降るか分からないので、今日は止めたほうが・・・

 とTさんからのアドバイスで 大豆を蒔くのは中止です。




CA390213_convert_20140709100600.jpg















 手前がTさんのカボチャ畑。

 「蔓はそちらには伸びないようにします。」

 「越境して出来たカボチャは僕たちが頂くということで。」

 「そうですね~^ ^;」

 楽しいTさん、そんなに自分の畑を僕たちに渡していたら、自分の分無くなっちゃいますよ~



CA390215_convert_20140709100730.jpg















 畑の周りは、休耕田だらけ・・・



CA390219_convert_20140709100841.jpg















 これはTさんの掘ったジャガイモ。

 “アンデス” じゃなくって・・・、たしか “ヨーデル” って言ってたと思います。



CA390220_convert_20140709100914.jpg















 僕らの掘ったのは “小判” だそうです。

 まだ花が咲いているので掘ったのは一部です。

 ジャガイモのように簡単な栽培野菜?作物には驚きました!



CA390223_convert_20140709100941.jpg















 この大きなナスの名前は忘れました。笑

 赤くなっていたミニトマトは、産地直食い!甘くって美味しい!

 田んぼの畔にも大豆を蒔きました。

 バリでは田んぼにカンクンが生えてるって聞いていたので、カンクンの種を
畔にも蒔いてみました。



CA390224_convert_20140709101013.jpg















 18時8分。 陽が少しづつ短くなってきました。



CA390225_convert_20140709101037.jpg















 帰りにベルクでお買い物。

 またカウンターでお茶。

 表に出たら、焼き鳥屋さん、いい~香りで・・・

 おじさん 「15分くらい待つよ。」

 横のベンチで一本づつ食べました。

 美味しかったあ!^ ^v






 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::