魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 人と上手くいかなかったとき、、

 その事をもう一度体験したら、、

 全て自分の責任にして、、

 忘れる!

 って、前回書きましたが・・・

 忘れたつもりが、またその時の嫌~~な感情が湧き上がってきたりしませんか?

 僕もサッパリしていたのに、さっきそんな状態になり、これはダメージ強いなぁ って思いました。

 でも不思議ですね~

 ちゃんと解決してもらえる・・ 

 カフェ 『夜明け』 新館 のマスターの “感情を手放す方法” と出合えました。




★ 送迎バスの方法 ★

これも私がよく使う方法の一つです。

これは特定の出来事についての感情というより、「怒り」なら怒り全部をまとめて

放棄したいときに使えます。具体的に何に対する怒りであるかを思い出す必要

はありません。心の中にあなたが立つ場所を想像してください。

私はよく、胸の真ん中あたりに小さな広場を想像します。それは、都会の片隅に

ある小さな公園のような場所で、周りの木立を透かして都会の風景が見えます。

私はその雰囲気が好きなのです。私は公園の中心に立って、たとえば、

「怒りの子どもたち、出ておいで」と呼びます。

すると、あちこちから子どもたちが出てきます。木立の陰や茂みの中から出て

くる者もいるし、遠く街の路地から駆け出してくる子もいます。

しばらく待っていると30人ほどの子どもたちが集まります。

そこで、幼稚園の先生になったようなつもりで、子供たちに話をします。

「皆さん、これまで一所懸命に働いてくれてありがとう。あなたたちのおかげで、

私はこれまでとてもユニークな人生を体験することが出来ました。けれども、

皆さんのここでの仕事は終わったので、これから神様のところに皆さんを送り

返します。神様から、また新しい仕事の場所を貰ってください。」

そうして、神様の国から迎えのバスが来るのを想像します。

それは、キティちゃんの飾りをつけた幼稚園の送迎バスのようなものです。

バスが来ると子どもたちが乗り込みます。私は子供たちに手を振ります。

「ありがとう、さようなら~」

バスが動き出し、次第に遠くなって行きます。私は手を振りながら見送ります。

ちょっと切ない気分になります。けれども、そのあと、私は神様の国から入れ

替わりに「光の子どもたち」がやってきて、いままで怒りの子どもたちがいた場所

に入っていくのを想像します。そうすると、晴れやかな気分になります。



 
このようにして、怒りの子どもたちを送り返すと、もう怒りを感じることがなくなる

のでしょうか。究極のところはそうなるかもしれません。けれども、当面はそうは

なりません。また怒りを感じることがあります。

けれども、もう怒りに振り回されることはなくなります。この段階にくれば、怒りは

単なる警戒信号に過ぎないのです。何かおかしいことがあるぞ、という信号で

す。いったい何がおかしいのでしょうか。



 
ふつう私たちは、あの人はおかしい、政府のやり方はおかしい、という風に、他

者に怒りの矛先を持っていきます。けれども、怒りの子どもたちがいなくなると、

実はおかしいことがあるのは自分の心の中なのだ、ということがはっきりわかる

ようになります。

私たちは、感情の原因が他者にあると思うことによって、他者の存在を現実だと

思い込みます。感情の子どもたちがやっていた仕事というのは、感情の原因が

他人や出来事にあるように見せかける仕事だったのです。





 凄く軽くなりました。

 マスター、そして僕をいつも守り導いてくれている目に見えない友人たちに
感謝です!!^ ^




P.S.
CA390177_convert_20140707074953.jpg















 今、窓を開けたら、ベランダで咲いていました!

 昨日まで蕾だったのですよ。



CA390180_convert_20140707075039.jpg















 グッドタイミングで、なんてステキなプレゼントでしょう♪

 天使さんたち、ありがとう! ^ ^

 記事のUpも7月7日7時ちょうど・・・

 世界に偶然はないと思っています。




コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
きれいです。。。
777
ホント素敵なプレセント♪
2014/07/07(月) 21:41:50 | URL | ウォーターリリー #-[ 編集]
リリーさん!マラ~ム

植え替えしてなかったので咲かないと思っていましたが、蕾が一つ上がっていたんです。嬉しいです!

出来たら明日、株分けして田んぼの横に運ぼうと思います。^ ^
2014/07/07(月) 23:50:55 | URL | G #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::