魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA390083_convert_20140702075145.jpg















 途中のカインズで買ってきました。

 前から見て、いいなぁ・・・ って思っていました。

 何にって?

 蓮、植えるんですよ~ ^ ^

 Tさんに話したら、Tさんもお好きなようで、次回は植える蓮を持ってくるつもり!

 蓮は田んぼ好きですが、植えたら田んぼ中に広がってしまいますから・・・



CA390091_convert_20140702093725.jpg















 今日来て一番嬉しかったのは、TNちゃん (エクアドル行ってた) の田んぼの
田植えが終わっていた事!

 もう半月ほど会っていません。

 作業が全然進んでなく、もう田んぼ諦めるのかなぁ? って思ったり・・・ 

 それが一昨日代掻きして、水が入っていたのです。

 昨日来て植えたんだ!

 田植えが済めば、あとは流れで稲刈りまで行けるでしょう。笑



CA390092_convert_20140702075339.jpg















 田植えが終わり、次の作業といえば田の草取り。

 竹箒で取ることにしました。

 田の雑草はとても少ないですね。



CA390096_convert_20140702075500.jpg















 後、やはり混みすぎている所を間引く作業。

 稲は丈夫で、もう根がしっかりと張っています。

 竹箒で掃かれたくらいでは抜けないのが、体で理解できました。



CA397828_convert_20140702071114.jpg















 バリに行ったときの田植えの写真見ていたら、苗を船のようなトレーに乗せて手元においていますね・・・

 これは楽そうです。 来年は真似しようっと!



CA390087_convert_20140702075229.jpg















 余った苗とか、間引いた苗とかは、せめて畑の肥料にするんですが、、

 勿体無いので、休耕田にこっそり植えています。

 田起こしも、代掻きもせず、水も入れず、雑草も抜かないと・・・

 稲の生長はどうなるのでしょうか?

 お米は取れるのでしょうか?



CA390097_convert_20140702075716.jpg















 昼近くなって、西の空が暗くなってきました。

 夕方から雨の予報ですが・・・

 今日は二人だけの作業なので、お昼は近くの山に行ってみることにしました。



CA390119_convert_20140702075852.jpg















 山が近くなると、ますます休耕田が多くなりました。

 田植えしてあるのは全体の10分の1、といったところ・・・



CA390118_convert_20140702075811.jpg















 イノシシや鹿が出るんですね。

 金属のフェンスで田んぼの周りグルッと取り囲んでありました。

 手前のフェンスまで撮影しておけば良かったです。 ^ ^;



CA390099_convert_20140702080521.jpg















 「虚空蔵尊さくら公園」 で行き止まり、その先は林道です。

 公園の駐車場でお昼。

 せせらぎの瀬音が聞こえ、車のドアを開けておくと、ひんやりとした涼しい風が抜けていきます。

 ここまで来ると蚊もいませんね。

 食後には甘酸っぱい梅ジュースで一息・・・



CA390114_convert_20140702080159.jpg















 2Kくらいですか・・・ 久しぶりの山歩き!

 ベルクから1Kも行かないところに、ウッジョブの世界がありました。

 越生、いい里山ですね。



CA390115_convert_20140702092306.jpg



















 この前の豪雨でえぐれた林道。



CA390104_convert_20140702080103.jpg















 公園の駐車場に咲いていました。

 アジサイさん綺麗だね! ^ ^

 季節は梅雨・・・

 晴れもあり、雨もあり (ちょっと激しいけど)、、

 農業初心者の僕たちには、どちらも良いタイミングで来てくれます。

 ありがとうね!!







 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::