魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 田んぼで働くつもりはなかったのです・・・

 N君が、飼っている魚の餌を捕りに来たいというので、面白そうなので同行
しました。


CA399962_convert_20140627090342.jpg















 お愛想で、5本くらい植えてくれたN君。 ^ ^;



CA399944_convert_20140627063359.jpg















 捕獲はさすがに上手で!



CA399947_convert_20140625074218_20140627085344f87.jpg















 僕らでは、動きが速く捕まえるのが難しかったホウネンエビ君を、、



CA399948_convert_20140627085622.jpg















 すぐに捕獲。



CA399966_convert_20140627063945.jpg















 田んぼの蛙や、、



CA399969_convert_20140627064123.jpg















 用水路のお魚をゲット、、

 この子はハヤだそうです。



CA399973_convert_20140627085940.jpg















 「蛙は田んぼで働いてくれるので、駄目だよ。」

 って、Tさんに言われて、田んぼに帰していました。



CA399964_convert_20140627063846.jpg















 ホウネンエビ情報をスマホで検索しているN君。

 Tさんも、ホウネンエビ、面白かったようです。



CA399972.jpg















 みんなでお昼しながら、色々ホウネンエビのお話をしました。

 Tさんも、どうするか分からないけど、、

 「水槽で飼ってみようかな・・・」 って言ってました。





 ナマズの話になって、、

 休耕田でナマズの養殖のお話!

 日本人は鰻が大好きだけど、あれはコピーライターでもあった平賀源内さんの名コピー 『夏バテ防止に、土用の丑の日は 鰻を食べよう!』 で始まったもの (が有力)。

 それまでは日本人はナマズだったんだって。

 田舎の爺ちゃんも 「ナマズの方が旨い!」 って言ってたし・・・

 先行きの暗~~い鰻より、これからはナマズ。

 ナマズは日本の救世主かもよ~~!笑

 「上にある休耕田をため池にすれば、不足しがちな水は溜められるし・・・ 
暖かい水になるし・・・」

 Tさん、ちょっと乗り気になってきました。

 ナマズを飼って越生をナマズの里にしましょう!

 田んぼビューのカフェレストランで、ナマズの蒲焼丼も出しましょう!

 ナマズの蒲焼、美味しいお店に行って食べてみたくなりました。

 いやー! 食べたことないんです。 ^ ^





コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::